簡単にわかる「トリスタンとイゾルデ」あらすじと相関図|ワーグナー

「トリスタンとイゾルデ」は、ワーグナーが「楽劇」という新しいスタイルを確立した作品。独立したアリアはなく、音楽が休みなくつづく、「無限旋律」で出来ているのが特徴です。

もともと面識のあったトリスタンとイゾルデが「媚薬」によって恋人になり、二人の世界に入り込み、死に向かう話です。

「トリスタンとイゾルデ」の見どころ、聴きどころとしては、「イゾルデの愛の死」Mild und leise wie er lächelt、「愛の二重唱」O sink hernieder, Nacht der Liebe が有名です。

目次

楽劇「トリスタンとイゾルデ」の簡単なあらすじ

イゾルデは、マルケ王と政略結婚したくない。彼女はトリスタンを毒殺して、自殺する覚悟をする。そのことに気が付いたイゾルデの侍女が、毒薬から媚薬に取り替える。二人が媚薬を飲む。二人は恋に落ちるが、政略結婚は避けられない

トリスタンとイゾルデは不倫する仲になる。二人の不倫に家臣が気づき、マルケ王に密告する。家臣が剣を抜いたために、トリスタンは応戦する。

重傷のトリスタンは自分の城に戻る。船でイゾルデが到着する。ふたりは会えるが、トリスタンは死ぬ。マルケ王が二人の仲を許すためにやってくる。悲しみのあまり、イゾルデが死ぬ。

「トリスタンとイゾルデ」の相関図

オペラ楽劇「トリスタンとイゾルデ」の相関図
楽劇「トリスタンとイゾルデ」の相関図

「トリスタンとイゾルデ」の登場人物

トリスタンマルケ王の甥、騎士テノール
イゾルデアイルランドの王女ソプラノ
マルケ王コーンウォール王バス
ブランゲーネイゾルデの侍女メゾソプラノ
クルヴェナールトリスタンの従者バリトン
メロートマルケ王の家臣テノール

「トリスタンとイゾルデ」の基本情報

  • 題名 Tristan und Isolde トリスタンとイゾルデ
  • 作曲 ワーグナー
  • 初演 1865年6月10日 ミュンヘン バイエルン宮廷歌劇場
  • 原作 ゴットフリート・フォン・シュトラウスブルクの同名の叙事詩
  • 台本 リヒャルト・ワーグナー
  • 言語 ドイツ語
  • 上演時間 3時間50分(第1幕80分 第2幕75分 第3幕75分)

「トリスタンとイゾルデ」の解説

トリスタンとイゾルデ 地図

第1幕 アイルランドからコーンウォールへ向かう、船での出来事

第2幕 コーンウォールのマルケ王の城の中

第3幕 ブルターニュ、トリスタンの城での出来事

「トリスタンとイゾルデ」第1幕

前奏曲

船上

アイルランドからコーンウォールに向かう船の上。天幕が張られた簡易の船室。アイルランドの王女イゾルデは、コーンウォールのマルケ王と政略結婚をするため、船旅をしている。

イゾルデ

ここはどこかしら?

侍女(ブランゲーネ)
もうすぐコーンウォールにつきます。

イゾルデ

我が家の名門は衰えてしまったんだわ。ご先祖様は役に立たない。母の力は衰えてしまったのね。魔法の香油を作るしかできないなんて。私に力があれば、嵐を起こして船を打ち砕いてしまいたい。

侍女(ブランゲーネ)
どうしましょう。こんなことになるのではと心配していました。何を気に病んでいるのですか?私を信用してお話しください。

イゾルデ

空気を。息が苦しい。そこを大きく開けて。

侍女は船室のカーテンを開ける。

イゾルデ

私のために選ばれながら、私から失われた人。あの方をどう思う?

侍女(ブランゲーネ)
どなたのことですか?

イゾルデ

あの人よ。私の視線を避けて下を向いている人よ。どう思う?

侍女(ブランゲーネ)
トリスタンのことですか?すべてにおいて奇跡であり、人々に称えられ、比類なき英雄です。

イゾルデ

(嘲笑して)私を恐れて逃げ回っているのよ。主人のために死体になった花嫁を手に入れたのですから。私に気を遣うどころか、挨拶すらしていないわ。誇り高い方に伝えて「イゾルデを恐れよ」と。

侍女(ブランゲーネ)
挨拶に来るように、伝えるのですね。

イゾルデはブランゲーネをじっと見て見送る。

従者(クルヴェナール)
トリスタン、イゾルデの侍女がこちらに向かってくるぞ。

トリスタン

何?イゾルデだと。

ブランゲーネが来る。

侍女(ブランゲーネ)
トリスタン様。あなたに会うことをイゾルデ様は望んでいます。

トリスタン

長時間の移動でご迷惑をおかけしました。ですが、旅は終わろうとしています。太陽が沈む前に、私たちは国に着きます。彼女が命じることなら、何でも実行しますよ。

侍女(ブランゲーネ)
来て頂けるのでしょうか?

トリスタン

どこにいようと忠実に役目を果たしています。今、私が舵を離れてしまったら、どうやってマルケ王のもとにたどり着くというのでしょう?

侍女(ブランゲーネ)
イゾルデ様からの伝言です。「イゾルデを恐れよ。」とのことです。

従者(クルヴェナール)
一言いいですか?

トリスタン

何を言うのか?

従者(クルヴェナール)
トリスタン様は英雄なんだぞ。いくらイゾルデ様が怒ろうとも。

侍女が怒って立ち去り、その後ろ姿にクルヴェナールが歌を歌う。

従者(クルヴェナール)
「コーンウォールへの年貢のために、海に乗り出したモロルト殿。今や、アイルランドでさらし首。彼の首は、イングランドから年貢として払われた。」

「モロルトの歌」Herr Morold zog zu Meere her

モロルトは、イゾルデの婚約者の名前。死亡した。

トリスタンは従者をとがめる。侍女はイゾルデの元に戻る。

侍女(ブランゲーネ)
ひどい。これを受け入れないといけないの!

イゾルデ

何があったか教えてちょうだい。

侍女(ブランゲーネ)
トリスタン様は、どこにいようともお役目を果たします。持ち場を離れることはできない。とのことでした。従者にひどいことを言われました。

イゾルデ

あの歌は私にも聞こえたわ。

「アイルランドの海岸に、瀕死の男が乗った小舟がたどり着いた。私は男を助けた。しばらくして私は、男が名乗ったタントリスは偽名であり、コーンウォールの騎士トリスタンである、と見破った。彼が私の婚約者モロルトの仇であることにも気が付いた。私は復讐を遂げようとしたが出来ずに、彼は国へ帰ってしまった。」

「タントリスの歌」Von einem Kahn, der klein und arm

タントリス…トリスタンがとっさに使った偽名。

イゾルデ

私に必要なのは、毒薬よ。トリスタンを呼びなさい。飲み物に毒を入れておきなさい。

従者クルヴェナールが部屋に入ってくる。

従者(クルヴェナール)
ご婦人方!もうすぐ到着します。準備をしてください。

イゾルデ

トリスタン様にご挨拶をしたいと伝えてください。

トリスタンが来る。

トリスタン

何をお望みですか?

イゾルデは恨み辛みを言い、最後に和解の杯を交わそうと渡す。トリスタンが飲み、イゾルデも杯を奪い飲む。

イゾルデ

裏切者、あなたのために飲むのよ。

毒薬のはずが、二人は恋に落ちる。

イゾルデ

(侍女に)なぜ、生きているの?この薬は、いったい何?

侍女(ブランゲーネ)
毒薬の代わりに媚薬を入れました。

イゾルデ

なんてこと。生きなければならないの?

イゾルデはトリスタンの腕の中で失神する。

「トリスタンとイゾルデ」第2幕

前奏曲

マルケ王の城、中庭

イゾルデとブランゲーネは様子を伺っている。

イゾルデ

まだ聞こえるの?私には遠くに行ったように聞こえるけど。

侍女(ブランゲーネ)
まだ近くにいます。まだホルンの音が聞こえます。イゾルデ様、あなたが待っている方を密告者が狙っています。メロートを警戒してください。

イゾルデ

メロートのこと?彼はトリスタンの友達よ。

愛の女神はこのように望んでいるのよ。「夜よ、来い。松明よ、消えてしまえ」あなたは見張りをしなさい。この松明が私の命だとしても、笑って消してしまえるわ。

「愛の女神は」Frau Minne will

イゾルデは、気にせずにトリスタンと会う。

 伝統、慣習、生

 理想、愛、死

イゾルデ

が私たちの愛の邪魔をする。の光から、私は逃げ去ろうとしたわ。

トリスタン

私たちには、こそぴったりなのだ。の偽りや嘘が、ふたりを引き離すことなど出来はしない!

イゾルデ

でも、がトリスタンを起こさずにいられるのでしょうか?

トリスタン

あんな昼など、「死」に打ち負かされてしまえばいい

遠くから見張っているブランゲーネの歌声。

侍女(ブランゲーネ)
寂しく見張るこの夜よ。気をつけてください。やがて夜は更けていく。

「見張りの歌」Einsam wachend in der Nacht

イゾルデ

聞こえた、愛しい人。

トリスタン

それならば、一緒に死のう。

ブランゲーネの叫び声が聞こえる。

従者(クルヴェナール)
お逃げください。トリスタン様。

トリスタン

味気ない昼だ、これで最後だ。

マルケ王が城に戻る。

王の臣下(メロート)
私の忠告は正しかったでしょう。

マルケ王

本当なのか?愛する甥に裏切られるなんて。なぜこのようなことになったのか理由を言ってくれ。

トリスタン

それにはお答えできません。

トリスタンは決心をする。

トリスタン

イゾルデ、一緒に「夜の国」に行こう。

イゾルデ

あなたに従います。「夜の国」への道を示してください

二人はキスをする。メロートはトリスタンに剣を抜く。トリスタンも剣を構えるが、「自ら」剣を落として、家臣に斬られ負傷する。マルケ王がメロートを止めて、その場は収まる。

「トリスタンとイゾルデ」第3幕

前奏曲

ブルターニュにある、トリスタンの城

瀕死のトリスタン。海の見える城にいる。その場にいるのは、トリスタンと従者。

トリスタン

昔の調べだ。どうして私は目覚めたのか?

従者(クルヴェナール)
トリスタン様!懐かしい光にいれば、死と傷から回復されますよ。

トリスタン

そう思うか?私はそうは思わない。

従者(クルヴェナール)
イゾルデ様がこちらに向かっています。

トリスタン

イゾルデが来る。

従者(クルヴェナール)
まだ船は見えません。

クルヴェナールが、横たわるトリスタンの体を起こす。

トリスタン

夜の国に行ったが、昼の光が私を呼び戻した。イゾルデは、今も昼の国にいる。イゾルデ、なんという憧れ!あなたはいつになったらを消してくれるのか?

従者(クルヴェナール)
彼女は今日のうちに到着します。

トリスタン

その船にイゾルデが乗っているのか。

イゾルデの船が到着する。イゾルデがトリスタンのもとに現れる。

トリスタン

この太陽、この昼。イゾルデ!が消える。あの人のもとへ。

イゾルデ

私よ!トリスタン!目覚めてください。

トリスタンの死。イゾルデはショックのあまり気を失い、遺体の上に倒れる。

続いて別の船がやってくる。船には、マルケ王、メロート、部下たち、イゾルデの侍女が乗っていた。従者とメロートが戦い、家臣メロートが死ぬ。従者はさらにマルケ王や部下に立ち向かい、従者クルヴェナールが死ぬ。

マルケ王

皆、死んでいく。

侍女が倒れているイゾルデを抱きかかえて、話しかける。

侍女(ブランゲーネ)
イゾルデ様!生きている。起きてください。

イゾルデ

あの人が、穏やかに静かにほほえんでいるわ。みんなには見えないの?あの人に包まれ、私は宇宙と一体になるわ!なんという喜び。

「イゾルデの愛の死」Mild und leise wie er lächelt

イゾルデはトリスタンの遺体の上に倒れる。イゾルデの死。

目次