「イゾルデの愛の死」Liebestod (Mild und leise)トリスタンとイゾルデ

トリスタンとイゾルデ 第3幕

ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の「イゾルデの愛の死」Liebestod (Mild und leise)は、作品の最後に歌われ聴きどころとして有名です。

目次

「イゾルデの愛の死」Liebestod (Mild und leise)の歌詞

Mild und leise
wie er lächelt,
wie das Auge
hold er öffnet —
Seht ihr’s, Freunde?
Seht ihr’s nicht?
Immer lichter
wie er leuchtet,
stern-umstrahlet
hoch sich hebt?
Seht ihr’s nicht?
Wie das Herz ihm
mutig schwillt,
voll und hehr
im Busen ihm quillt?
Wie den Lippen,
wonnig mild,
süßer Atem
sanft entweht —
Freunde! Seht!
Fühlt und seht ihr’s nicht?
Hör ich nur diese Weise,
die so wundervoll und leise,
Wonne klagend,
alles sagend,
mild versöhnend
aus ihm tönend,
in mich dringet,
auf sich schwinget,
hold erhallend
um mich klinget?
Heller schallend,
mich umwallend —
Sind es Wellen
sanfter Lüfte?
Sind es Wogen
wonniger Düfte?
Wie sie schwellen,
mich umrauschen,
soll ich atmen,
soll ich lauschen?
Soll ich schlürfen,
untertauchen?
Süß in Düften
mich verhauchen?
In dem wogenden Schwall,
in dem tönenden Schall,
in des Welt-Atems wehendem All —
ertrinken,
versinken —
unbewußt —
höchste Lust!

「イゾルデの愛の死」Liebestod (Mild und leise)の対訳

コンスタンツェ

穏やかに静かに
彼は微笑み
目は優しく
開いてる
見えませんか、友よ?
見えないのですか?
ますます明るく
彼は輝き
星に照らされ
高く昇っているでしょう?
見えないのですか?
彼の心は
大胆に広がり
満ちていて
彼の胸の中で膨らんでるでしょう?
その唇が
楽しく穏やかに
甘い吐息を
ついていますね
友よ!見て!
それを感じたり見たりしませんか?
私はこのように聞いています。
素晴らしく、優しく
喜びの声をあげて
すべてを語り
穏やかに受け止め
彼の口から鳴り響き
私の中に侵入して
揺り動き
甘く響き
私の周りで鳴っているでしょう?
はっきりと響き
私を取り囲むように
(空気の)波なのでしょうか
穏やかな空気の中にある?
(香りの)波紋なのでしょうか
至福の香りの?
それらがいかにして膨らみ
私の周りでうごめこうとも
私は息をするべきでしょうか、
耳を傾けるべきでしょうか?
飲みましょうか、
沈めましょうか?
甘い香りの中で
息を吐き(死に)ましょうか?
押し寄せる激流の中で
鳴り響く音の中で
世界の息吹の漂う中で
溺れ
沈み
無意識に
最高の喜び

verhauchen…息を吐き出す、死ぬ

あわせて読みたい

「トリスタンとイゾルデ」のあらすじ・相関図

目次