「愛の二重唱」O sink hernieder (Love Duet)トリスタンとイゾルデ

トリスタンとイゾルデ 第2幕

ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の「愛の二重唱」O sink hernieder (Love Duet)は、トリスタンとイゾルデが完全に二人の世界に入って歌う二重唱です。

目次

「愛の二重唱」O sink hernieder (Love Duet)の歌詞と対訳

ふたり
O sink hernieder,
Nacht der Liebe,
gib Vergessen,
dass ich lebe;
nimm mich auf
in deinen Schoss,
löse von
der Welt mich los!

ああ、沈みゆけ
愛の夜よ。
忘れさせよ
私が生きていることを
抱き上げ
あなたの胸に
私を解き放て。
この世界から

トリスタン
Verloschen nun
die letzte Leuchte;

トリスタン

消えてしまった
最後の光も

イゾルデ
was wir dachten,
was uns deuchte;

イゾルデ

私たちが考え
私たちが思ったこと

トリスタン
all Gedenken —

トリスタン

全ての思いは

イゾルデ
all Gemahnen —

イゾルデ

全ての思いは

ふたり
heil’ger Dämm’rung
hehres Ahnen
löscht des Wähnens Graus
welterlösend aus.

聖なる黄昏は
気高い予感がする
妄想の恐怖を消し去り
世界を救うのだ。

イゾルデ
Barg im Busen
uns sich die Sonne,
leuchten lachend
Sterne der Wonne.

イゾルデ

懐に埋もれて
私たちの太陽は
微笑みながら輝く
歓喜の星は

トリスタン
Von deinem Zauber
sanft umsponnen,
vor deinen Augen
süss zerronnen;

トリスタン

あなたの魔力に
やさしく包まれ、
あなたの目の前で
甘く溶けていく。

イゾルデ
Herz an Herz dir,
Mund an Mund;

イゾルデ

胸から胸へ
口から口へ

トリスタン
eines Atems
ein’ger Bund;

トリスタン

一息に
結ばれる

ふたり
bricht mein Blick sich
wonnerblindet,
erbleicht die Welt
mit ihrem Blenden:

視線が離れると
至福に目がくらみ、
世界は青ざめる
そのまぶしさに

イゾルデ
die uns der Tag
trügend erhellt,

イゾルデ

昼は
偽りを照らす

トリスタン
zu täuschendem Wahn
entgegengestellt,

トリスタン

まやかしの妄想に
逆らって

ふたり
selbst dann
bin ich die Welt:
Wonne-hehrstes Weben,
Liebe-heiligstes Leben,
Nie-wieder-Erwachens
wahnlos
hold bewusster Wunsch.

そうであっても
私は世界です。
至福は誠実な織物
愛は神聖な命
二度と目覚めない
妄想
意図的な願いを込める。

あわせて読みたい

「トリスタンとイゾルデ」のあらすじ・相関図

目次