「覚えているか、木陰の森よ」Vi ricorda, o boschi ombrosi|オルフェオ

オルフェオ 第2幕

モンテヴェルディのオペラ「オルフェオ」の「覚えているか、木陰の森よ」Vi ricorda, o boschi ombrosiは、オルフェオがエウリディーチェと結ばれて喜んでいる歌です。

目次

「覚えているか、木陰の森よ」Vi ricorda, o boschi ombrosi【歌詞と対訳】

Vi ricorda, o bosch’ombrosi,
De’ miei lungh’aspri tormenti,
Quando i sassi ai miei lamenti
Rispondean fatti pietosi?

Dite, allor non vi sembrai
Più d’ogni altro sconsolato?
Or fortuna ha stil cangiato
Et ha volto in festa i guai.

オルフェオ

覚えているか、木陰の森よ。
長くつらい苦悩に満ちた
私の嘆きに石が
哀れみ答えてくれたことを

言ってくれ、私はそう見えたのではないか?
他の誰より惨めに
今、運命は流れを変えて
私の困難を喜びに変えた。

Vissi già mesto e dolente,
Or gioisco, e quegli affanni
Che sofferti ho per tant’anni
Fan più caro il ben presente.

Sol per te, bella Euridice,
Benedico il mio tormento;
Dopo il duol vie più contento,
Dopo il mal vie più felice.

オルフェオ

かつて私は悲しみと憂いの中に生きていた。
今、私は喜び、悩みは
私が長年苦しんだ(悩みは)
今の幸せをより愛おしいものにしてくれる。

あなただけに、美しいエウリディーチェ
私は自分の苦悩を祝福する。
悲しみの後は、より満たされ
嘆きの後、いっそう幸せになるのだ。

あわせて読みたい

「オルフェオ」のあらすじ・相関図

目次