巡礼の合唱|歌詞|タンホイザー|Pilgrims’ Chorus

タンホイザー 第3幕

タンホイザー「巡礼の合唱」は、第3幕の最初と最後に巡礼者たちによって歌われる合唱曲です。

目次

「巡礼の合唱」Beglückt darf nun dich: Pilgrims’ Chorus【歌詞と対訳】

Beglückt darf nun dich, o Heimat, ich schauen
und grüssen froh deine lieblichen Auen;
nun lass ich ruhn den Wanderstab,
weil Gott getreu ich gepilgert hab!

今幸せに、故郷よ、あなたを眺め
そして、美しい草原に喜んで挨拶する。
今、私は杖を休ませている。
神に忠実であるために、私は巡礼の旅に出た!

Durch Sühn’ und Buss’ hab’ ich versöhnt
den Herren, dem mein Herze fröhnt,
der meine Reu’ mit Segen krönt,
den Herren, dem mein Lied ertönt!

贖罪と懺悔によって、私は(主と)和解した。
私の心を捧げる主よ、
私の悔い改めに祝福の冠を被せてくださる方
私の歌を聴いてくださる主よ

Herr(Herren)…男、雇い主、神

Der Gnade Heil ist dem Büsser beschieden,
er geht einst ein in der Seligen Frieden;
Vor Höll’ und Tod ist ihm nicht bang;
drum preis ich Gott mein Lebenlang!
Hallelujah! Hallelujah! In Ewigkeit!

慈悲の救いは、償い人に与えられる
彼はいつか、祝福された平和の中に入っていく。
彼は地獄も死も恐れない。
だから、私は一生、神をほめたたえよう
ハレルヤ!ハレルヤ!いつまでも。

Büsser…贖罪者
beschieden…(神が人に)授ける

Heil! Heil! Der Gnade Wunder Heil!
Erlösung ward der Welt zuteil.
Es tat in nächtlich heil’ger Stund’
der Herr sich durch ein Wunder kund:

万歳、万歳。慈悲の奇跡に万歳。
世界に救いが与えられた。
聖なる夜の時間に
主は奇跡によってご自分を知らしめた。

den dürren Stab in Priesters Hand
hat er geschmückt mit frischem Grün:
dem Sünder in der Hölle Brand
soll so Erlösung neu erblühn!

司祭の手に握られた枯れた杖が
新緑に彩られた。
地獄の炎の中にいる罪人
新たな救済の花を咲かせるだろう。

Sünder…罪人、犯罪者
Erlösung…救済

Ruft ihm es zu durch alle Land’,
der durch dies Wunder Gnade fand!
Hoch über aller Welt ist Gott,
und sein Erbarmen ist kein Spott!

すべての土地で彼に呼びかけよ。
この奇跡によって彼は慈悲を得た。
神はすべての地の上に高くおられる。
その慈悲は嘲りではない。

Der Gnade Heil ward dem Büsser beschieden,
nun geht er ein in der Seligen Frieden!
Hallelujah! Hallelujah! Hallelujah!

償い人は、慈悲によって救いを与えられた。
今、彼は祝福された平和の中に入っていく。
ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ!

あわせて読みたい

「タンホイザー」のあらすじ・相関図

目次