簡単にわかる「マノン・レスコー」あらすじと相関図|プッチーニ

オペラ「マノン・レスコー」は、アベ・プレヴォーの小説をオペラ化した、プッチーニの出世作です。主人公の女性「マノン・レスコー」は、ファム・ファタル(男を破滅させる女)の元祖とも言われています。

次々と男をとりこにする美女「マノン・レスコー」と、マノンによって運命を翻弄される若き男性「デ・グリュー」の悲劇が描かれた作品です。

マノン・レスコーの見どころ、聴きどころとしては、「何という美人」Donna non vidi mai、「柔らかなレースに包まれても」In quelle trine morbide、「一人寂しく」Sola, perduta, abbandonataがあります。

目次

オペラ・歌劇「マノン・レスコー」の簡単なあらすじ

まだ恋を知らない、デ・グリュー。宿屋前で見かけた、美しいマノンに恋をする。同じくマノンに目をつけた、老いた財務大臣がいた。財務大臣が密かにマノンを誘拐しようとするが、先手を打ってデ・グリューとマノンが逃亡する。

マノンはデ・グリューとの貧乏暮らしが耐えられず、財務大臣と愛人契約。恵まれた暮らしをするが、満たされない。マノンとデ・グリューが再会したところに、財務大臣が現れ二人を責める。逆に、マノンは財務大臣の「老い」を責める。

老いた貴族によりマノンは訴えられて、フランスから流刑地アメリカへ。同行したデ・グリューの腕の中で、マノンの死。

「マノン・レスコー」の相関図

マノン・レスコーの人物相関図
オペラ「マノン・レスコー」の相関図

「マノン・レスコー」の登場人物

マノン・レスコー美女ソプラノ
レナート・デ・グリュー騎士テノール
レスコーマノンの兄バリトン
ジェロンテ財務大臣バス
エドモンドデ・グリューの友人テノール

「マノン・レスコー」の基本情報

  • 題名 Manon Lescaut マノン・レスコー
  • 作曲 プッチーニ
  • 初演 1893年2月1日 トリノ レージョ劇場
  • 原作 アベ・プレヴォー「シュヴァリエ・デ・テグリューとマノン・レスコーの物語」
  • 台本 ルッジェーロ・レオンカヴァッロ、マルコ・プラーガ、ドメーニコ・オリーヴァ、ルイージ・イリッカ、ジュゼッペ・ジャコーザ
  • 言語 イタリア語
  • 上演時間 2時間5分(第1幕35分 第2幕40分 間奏曲5分 第3幕20分 第4幕25分)

「マノン・レスコー」第1幕

フランス、パリ近くの町アミアン、宿屋の前

市民や兵士、学生らが通りを行き交う。

学生(エドモンド)
そよ風と星たちを伴ってやってくる、穏やかな夜よ。詩人や恋人たちのための親愛なる夜よ。

「穏やかな夜よ」Ave, sera gentile

学生たち
泥棒や酔っ払いの夜でもあるぞ。お前の詩をダメにしてしまったかな。

学生(エドモンド)
いいんだ。夜の女たちが来るぞ。さあ、口説こうぜ。

学生たちが女たちをそれぞれ口説き始める。デ・グリューがやって来る。

学生(エドモンド)
お前もナンパに加われよ。俺たちと愚かな冒険をしよう。返事はなしか。もしかして、手の届かない女を愛しているのか?

デ・グリュー

愛だって?僕は知らないよ。

学生(エドモンド)
いやいや、お前は何か隠しているな。秘密の恋?それとも失恋か?

デ・グリュー

いや、恋はまだなんだ。でも、君たちを喜ばせることならできるさ。こうやって女を口説けばいいんだろう。

(夜の女たちに)あなたたちの中に、美しいブルネットや金髪の若い娘はいませんか。金髪の星は君だろうか。運命を教えてくれ。僕が恋に落ちるように、君を崇拝できるように、燃える顔を見せてくれ。

「あなた方の中に」Tra voi, belle

学生たちが笑い出す。娘たちは馬鹿にされたとわかり、怒って離れていく。馬車がやってきて、宿屋の前に止まる。馬車から、マノンの兄レスコー、財務大臣のジェロンテ、それからマノンが降りてくる。

学生たちと市民ら
エレガントな旅行者じゃないか。小柄で綺麗な女性がいるぞ。

レスコー

宿屋の主人はいないか。今夜泊まりたい。

宿屋の前で、レスコーが宿屋の主人と話している。

デ・グリュー

彼女はなんて美しいんだ。

レスコーとジェロンテは、宿屋に入っていく。マノンは残って、街の様子を興味深そうに見ている。市民は去り、学生は離れた場所で酒を飲み始める。じっとマノンを見る、デ・グリュー。

デ・グリュー

美しいお嬢さん。あなたのお名前を教えて下さいますか。

マノン

私の名前は、マノン・レスコーです。

デ・グリュー

あなたに惹かれています。あなたの顔をどこかで見たことがあるような気がするのです。いつ、ここを離れる予定ですか?

マノン

明日、明け方に出発します。修道院に行くのです。

デ・グリュー

あなたのような美しい人が修道院に行くなんて。別の運命があります。一緒に策を練りましょう。どうか、もう一度会う機会を下さい。

マノン

あなたの勝ちです。暗くなったら、このあたりで会いましょう。

宿屋にいるレスコーの呼び声で、マノンは宿屋に入っていく。ひとり残った、デ・グリュー。

デ・グリュー

こんな女性を見たことがない。彼女に言うのだ。あなたを愛していますと。彼女はこう言った、「私の名前は、マノン・レスコーです。」と。薫り高い言葉が、僕の魂の中で漂っている。

「何という美人」Donna non vidi mai

歌詞と対訳

「何という美人」Donna non vidi mai|マノン・レスコー

好み通りの金罰美女「マノン」に一目惚れした、デ・グリュー。

ふたりのやりとりを見ていた、学生たちがデ・グリューを冷やかす。デ・グリューは怒って去る。

マノンの兄レスコーと財務大臣のジェロンテが宿屋から出てくる。

財務大臣(ジェロンテ)
君の美しい妹、マノンは本当に修道院に行くのか?

レスコー

父親が決めたことです。あなたはご旅行でこちらに?

財務大臣(ジェロンテ)
仕事ですよ。国の税を集める仕事をしているのでね。

レスコー

(いい金づるだな。)あちらで一緒に飲みましょうよ。

財務大臣(ジェロンテ)
いいとも。いや、所用を思い出した。宿屋の主人に用事がな。

レスコーが立ち去り、ジェロンテは宿屋の主人を探す。

財務大臣(ジェロンテ)
(宿屋の主人に)裏に馬車を用意してくれ。内密にな。男と少女がパリに向かう。金ははずむぞ。

学生(エドモンド)がジェロンテの話を聞く。

学生(エドモンド)
とんでもない、女好きの老人だな。

デ・グリューが宿屋前に戻ってきた。

学生(エドモンド)
デ・グリュー、お前に勇気はあるかな。お前の美しい花が、老人に連れ去られようとしているぞ。

デ・グリュー

本当か?助けないと。協力してくれ。

学生(エドモンド)
ああ、うまくやるさ。

マノンがデ・グリューに会うために、宿屋の前に現れる。

マノン

約束は守りましたよ。あなたがとても熱心に頼むので、会いに来ました。もう会わないほうがいいと思ったのですけれど。

「二重唱」Vedete? Io son fedele

デ・グリュー

あなたの美しい顔には憂いは似合いませんよ。愛があなたに語りかけています。魅惑の波に身を委ねよと。愛しています。あなたの美しさは、あなたに輝く未来を与えるのです。

二人が語り合う横で、マノンの兄レスコーが学生たちに酒を勧められて酔っ払っている。

デ・グリュー

聞いて下さい。あなたの身が危険だ。金持ちの老人によって、あなたの誘拐が企てられています。

マノン

そんな!

慌てたように駆け寄ってくる、学生(エドモンド)。

学生(エドモンド)
馬車の用意ができたぞ。さあ、ふたりで行くんだ。

マノン

ここを離れるなんて。あなたが私を誘拐するの?

デ・グリュー

いいえ、愛があなたを連れ去るのです。一緒に逃げましょう。

マノン

行きましょう。

マノン、デ・グリュー、学生(エドモンド)は顔を隠して、馬車に向かう。ジェロンテが現れて、酔っ払っているマノンの兄レスコーを見る。

財務大臣(ジェロンテ)
(丁度いい。あいつの妹を誘拐するぞ。)宿屋の主人よ、マノンを呼び出してくれ。

学生(エドモンド)
彼女は出発しましたよ、ひとりの学生と。

ジェロンテはすぐにレスコーに声を掛ける。

財務大臣(ジェロンテ)
お前の妹が誘拐されたぞ。学生によってな。追いかけよう。

レスコーは学生たちをちらりと見て考える。

レスコー

今から追いかけても仕方がない。どうせ行き先はパリだ。学生の金はすぐに尽きます。マノンは貧乏には耐えられない。そのときに妹は、あなたの申し出を受けるでしょう。

学生たちは陽気に騒ぎ出すが、じろりとレスコーが学生たちを睨む。レスコーとジェロンテは酒場に向かう。学生たちは一瞬静かになるが、また騒ぎ始める。

学生たち
老いたキツネには、新鮮なブドウは永遠に酸っぱいままなのさ。

「マノン・レスコー」第2幕

ジェロンテの屋敷、マノンの部屋

豪華な部屋で、マノンは白いバスローブをまとい、美容師らがマノンを取り囲んで髪を整えている。兄のレスコーがマノンの部屋を訪問。

マノン

髪がいまいちね。早く直してちょうだい。

レスコー

今朝は機嫌が悪いようだな。

メイクや髪が完成し、白いローブを脱ぐと、華やかな装いになるマノン。美容師らはお辞儀して出て行く。

レスコー

宿屋でお前が逃げたとき、私は希望を失わなかった。後日、お前を見つけたときには、貧しい暮らしをしていたな。立派な青年だよ。デ・グリューは。だが、金がない。お前が彼を捨てて、この宮殿を手に入れたのは、当然のことさ。

マノン

彼の消息を教えてちょうだい。別れも言わずに去ったから心配なの。

柔らかなレースに包まれている、あの黄金のベッドには沈黙がある。冷たい沈黙があり、私を凍らせるの。でも、もう私は慣れてしまった。情熱的な唇や腕を失った代わりに、今は別のものを持っている。

「柔らかなレースに包まれても」In quelle trine morbide

歌詞と対訳

「柔らかなレースに包まれても」In quelle trine morbide|マノン・レスコー

レスコー

デ・グリューは「マノンはどこか?」と何度も私に聞くよ。答えは「知らない」だ。今はお前を取り戻すために、金を稼ごうとしている。私が賭け事を教えてやったからな。

マノン

私のために、賭け事を!

レスコー

賭け事は、いい金庫さ。だが、賭けにおぼれて、デ・グリューは自分の狂気に気がつかないで生きている。あいつは賭けの途中で聞くのさ、「マノンはどこだ?」と。

マノンは物思いに沈んで鏡をみるが、途中から自分に見とれる。

マノン

このドレスは似合っている?

レスコー

綺麗だよ。

音楽家たちが入ってきて、歌を歌い始める。

マノン

ジェロンテが用意したのよ。お兄さん、この財布で彼らにお礼をして。

レスコーはマノンから受け取った財布を自分の懐に入れて、音楽家たちに声を掛ける。

レスコー

芸術を馬鹿にするな。さあ、帰れ。

音楽家たちが帰っていく。

マノン

退屈だわ。

マノンのためのダンス教師と、ジェロンテ、男の客人らが部屋に入る。レスコーはひっそりと去る。

レスコー

(退屈した女は危険だ。デ・グリューに何かやってもらうか。)

マノンが教師と共に踊りを踊っていると、ジェロンテや客人の男たちが賞賛する。ダンスの練習が終わり、ダンス教師や客人らが帰る。

財務大臣(ジェロンテ)
あとで、私たちの集まりに来ておくれ。待っているぞ。

マノン

少しお待ち下さいね。

ジェロンテが部屋を出て行く。マノンはすぐに手鏡で自分の顔を見る。

マノン

ああ、私が一番美しい!

突然、デ・グリューが部屋に入ってくる。

マノン

あなた、あなたね、愛しい人。私の計り知れない愛よ。

「二重唱」Tu, tù, amore

デ・グリュー

マノン!僕は暗い日々を過ごしてきた。

マノン

そんな目で私を見ないで。もう私を愛していないのね!この部屋を見て、素晴らしいの。私、お金持ちよ。部屋のものは、あなたのものでもあるわ。あなたに許しを求めるわ。信じて。私はあなたのものよ。

デ・グリュー

負けた。再び君に恋をしてしまう。

抱き合うふたり。部屋にジェロンテが入ってくる。マノンは叫び声を上げる。

財務大臣(ジェロンテ)
おやまあ、ここは私の家なのだが、それを忘れているのかね。今日は、お前のためのパーティーを開いていたのだ。私がお前に与えた、本当の愛のお返しがこれか!

マノンは手鏡を取って、ジェロンテに手鏡を向ける。

マノン

愛ですって?鏡であなたの顔を見て、私たちを見なさいよ!

財務大臣(ジェロンテ)
私は自分の義務を分かっている。すぐにでも立ち去ろう。(脅すように)さようなら、また会いましょう。

ジェロンテは部屋を出て行く。

マノン

自由だわ。私たち!

デ・グリュー

ここにいてはいけない。

マノン

こんなに素晴らしいものを置いていくのは、無理!

デ・グリュー

君の狂った考えが、君に僕を裏切らせるんだ。僕はあなたの奴隷で、犠牲者だ。悪名まみれで、泥まみれ。狂ったギャンブラーだ。言ってくれ、僕をどうするつもりだ?

「マノン、お前の愚かさが」Ah, manon, mi tradisce il tuo folle pensiero

マノン

善良になります。誓います!

レスコーがかろうじて息をしながら、部屋に駆け込んでくる。

レスコー

ジェロンテがお前を訴えた!!兵がここに来るぞ。

デ・グリュー

さあ、行こう。

マノン

待って、この宝石がいるの。宝石を持って行かないと!

レスコー

何をしている!兵が家を取り囲んだぞ。

兵とジェロンテが現れて、マノンは恐怖で隠し持った宝石をばらまく。ジェロンテが高笑い。デ・グリューが剣を抜こうとするが、レスコーに止められる。

レスコー

待て、君が捕まったら、誰がマノンを助けるのか。

連行されるマノンを追いかけようとする、デ・グリュー。

「マノン・レスコー」間奏曲

マノン・レスコーの間奏曲では、プッチーニが学生時代に作曲した、管弦四重奏曲「菊」が使用されています。吹奏楽でもよく演奏されます。管弦四重奏曲「菊」とマノン・レスコーの間奏曲を聞き比べてみると、面白いですよ。

Puccini – Crisantemi 管弦四重奏曲「菊」YouTube動画

ムーティによる、マノン・レスコーの間奏曲

Puccini – Manon Lescaut – Intermezzo YouTube動画

「マノン・レスコー」第3幕

ル・アーブル港

薄暗い、夜明け前の港。港近くに、マノンが収容されている牢獄がある。デ・グリューとレスコーが身を隠している。

レスコー

もうすぐ買収した兵に交代する。マノンに会えるぞ。すでに、マノンは私たちの計画を知っている。私と友人が騒ぎを起こすから、ふたりで逃げ出せ。

隙を見計らって、デ・グリューが牢に近づく。マノンは牢獄の中から、手を出して返事をする。

マノン

愛しい人!私を見捨てないで!

デ・グリュー

計画通りに、うまく行動してくれ。お願いだ。

突然、銃声が響き、レスコーが走ってくる。

レスコー

作戦が失敗した!逃げてくれ。

デ・グリュー

逃げることはできない!逃げるくらいなら、ここで死ぬ。

デ・グリューが残って死のうとするので、牢からマノンが声を出す。

マノン

あなたが私を愛しているなら、逃げてください!

レスコーがデ・グリューを連れて行く。騒動で市民が集まり始め、夜が明ける。牢獄から女たちが出てくる。

軍曹
出航の準備ができた。女たちを船に乗せる。

女の名前が次々と呼ばれ、その場にいる市民が女を値踏みして、嘲笑する。レスコーが市民に紛れ込み、噂話を流し始める。

レスコー

あそこにいるマノンという娘は、結婚式の日に男に略奪され、貴族のものになった。貴族の男はすぐに彼女に飽きて捨てられたのだ。あの青ざめている若者が、マノンの花婿だ。気の毒に。

市民
なんてむごい。気の毒に。

デ・グリューは、こっそりマノンの後ろに近づき、手を握る。

マノン

これが私の運命です。あなたは自分の家に戻って下さい。たぶん、あなたは私に充分に愛されていなかったわね。それが後悔よ。

デ・グリュー

僕が苦悩の中にいるのを見てくれ。すべてが涙に溶けていく。

軍曹が女たちやマノンを船に入れようとする。デ・グリューはマノンを抱きしめて手放さず、軍曹と騒動になる。レスコーの流した噂話のおかげで、市民がデ・グリューに対して応援のヤジをかける。

船長
なんの騒ぎだ。

デ・グリュー

見て下さい、僕は狂っている。泣いて慈悲を求めるのです。雇って下さい。どんな下働きでも喜んでします。

「見て下さい、僕は狂っている」Guardate, pazzo son

歌詞と対訳

「見て下さい、僕は狂っている」Guardate, pazzo son|マノン・レスコー

マノンについていくために、船長に命を差し出す覚悟のデ・グリュー。

デ・グリューは船長にひざまずいて頼む。

船長
いいだろう。お前を船に乗せる。

デ・グリューとマノンは喜ぶ。様子を見ていたレスコーは頭を下げて、去って行く。

「マノン・レスコー」第4幕

ニューオーリンズの荒野

夕暮れに、やつれた姿でさまようマノンとデ・グリュー。

デ・グリュー

僕に寄りかかってくれ。

マノン

前に進みましょう。もうすぐ夜になる。

マノンが倒れる。

マノン

もうだめ。あなたは強いわね。女は弱いの。降参するわ。いいえ、ごめんなさい。少し休ませて欲しいだけなのよ。

マノン、気絶する。

デ・グリュー

マノン、聞いてくれ。金色の髪にキスをしよう。返事はないのか?ああ、彼女は熱がある!どうか、返事をしてくれ。

マノン

のどの渇きが私を苦しめる。愛しい人、助けて。

周辺を探し回るが、水は見つからない。

デ・グリュー

何もない。何もないんだ。乾燥した土地に水はない。

マノン

私はここで待つわ。地平線の向こうに行ってきて。よい知らせを持ってきてちょうだい。

デ・グリューは遠くまで探しに行くか迷うが、何度か振り返った後、決心して走り去る。

マノン

ひとり、迷い、見捨てられた、この荒野で。空が私の周りを暗くしていく。砂漠でひとり、死にたくない。私の致命的な美しさが、新たな火種をまいてしまった。すべてが終わる。

「一人寂しく」Sola, perduta, abbandonata

歌詞と対訳

「一人寂しく」Sola, perduta, abbandonata|マノン・レスコー

一人荒野で、マノンは過去を思い出し後悔。

デ・グリューが戻る。

デ・グリュー

何もなかった。

マノン

私は死にます。もううまく言葉がでないけれど、これだけはあなたに言えます。あなたを愛しています。

デ・グリュー

マノン!

マノン

もうあなたの声が聞こえないわ。あなたが愛したかつてのマノンを覚えていますか?私の青春は明るかったかしら?私の罪は忘れ去れても、私の愛が死ぬことはないでしょう。

マノンの死。マノンの体の上に気絶する、デ・グリュー。

目次