「ヴィリアの歌」Es lebt’ eine Viljaの歌詞と対訳|メリー・ウィドウ

メリー・ウィドウ 第2幕

オペラ「メリー・ウィドウ」の「ヴィリアの歌」Es lebt’ eine Viljaの歌詞と対訳です。

目次

「ヴィリアの歌」Es lebt’ eine Viljaの歌詞

Es lebt’ eine Vilja, ein Waldmägdelein,
Ein Jäger erschaut’ sie im Felsengestein!
Dem Burschen, dem wurde
So eigen zu Sinn,
Er schaute und schaut’
auf das Waldmägdlein hin.
Und ein niegekannter Schauder
Fasst den jungen Jägersmann,
Sehnsuchtsvoll fing er still zu seufzen an!
Vilja, o Vilja, Du Waldmägdelein,
Fass’ mich und lass’ mich
Dein Trautliebster sein!
Vilja, O Vilja, was tust Du mir an?
Bang fleht ein liebkranker Mann!

Das Waldmägdelein streckte
die Hand nach ihm aus
Und zog ihn hinein in ihr felsiges Haus.
Dem Burschen die Sinne vergangen fast sind
So liebt und so küsst gar kein irdisches Kind.
Als sie sich dann satt geküsst
Verschwand sie zu derselben Frist!
Einmal hat noch der Arme sie gegrüsst:
Vilja, o Vilja, Du Waldmägdelein,
Fass’ mich und lass’ mich
Dein Trautliebster sein!
Vilja, O Vilja, was tust Du mir an?
Bang fleht ein liebkranker Mann!

「ヴィリアの歌」Es lebt’ eine Viljaの対訳

ハンナ・グラヴァリ

ヴィリアが住んでいた。森の乙女の
猟師が岩場で彼女を見た!
若者は
とても不思議な感覚になった。
彼は見て、じっと見ていた。
森の少女を
かつてないほどの震えが
若い猟師を捕まえた。
憧れて、彼は静かにため息をついた!
ヴィリア、おお、ヴィリア、森の乙女よ、
私を連れて行って
あなたの恋人にしておくれ。
ヴィリア、おお、ヴィリア、あなたは私に何をしたの?
恋に悩む男は懇願する。

森の乙女は伸ばし
彼のために手を
彼を自分の岩の家に引きずり込んだ。
若者はほとんど正気を失った。
あんなに愛し、キスする者はこの世にはいない。
彼女は彼にたくさんキスをすると
同時に消えていた。
哀れな者は彼女にもう一度呼びかける。
ヴィリア、おお、ヴィリア、森の乙女よ、
私を連れて行って
あなたの恋人にしておくれ。
ヴィリア、おお、ヴィリア、あなたは私に何をしたの?
恋に悩む男は懇願する。

あわせて読みたい

「メリー・ウィドウ」のあらすじ・相関図

目次