簡単にわかる「カヴァレリア・ルスティカーナ」あらすじと相関図|マスカーニ

「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、ヴェリズモ・オペラ(現実主義の題材を使ったオペラ)の代表作です。

マスカーニは、こちらの作品でオペラのコンクールで優勝し、世に名前が広まりました。ですが、以降はこの作品以上のオペラを作ることが出来ず、作曲家よりも指揮者として名声を得ます。マスカーニは、ミラノ・スカラ座の首席指揮者に就任しています。

簡単にオペラの内容をいうと、シチリア島で起こった、不倫話です。「カヴァレリア・ルスティカーナ」の見どころ、聴きどころは、間奏曲です。

目次

オペラ・歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」の簡単なあらすじ

男(トゥリッドゥ)が、既婚の女(男の元婚約者)と不倫。男と現在交際している女(サントゥッツァ)が怒り、既婚女の夫にふたりの不倫を教える。

男と既婚女の夫の間で、決闘騒ぎになり、男(トゥリッドゥ)が死亡。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」の相関図

カヴァレリア・ルスティカーナの人物相関図
オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の相関図

「カヴァレリア・ルスティカーナ」の登場人物

サントゥッツァ村娘ソプラノ
トゥリッドゥ居酒屋の息子テノール
アルフィオ裕福な馬車屋バリトン
ローラアルフィオの妻、トゥリッドゥの昔の婚約者メゾソプラノ
ルチアトゥリッドゥの母アルト

「カヴァレリア・ルスティカーナ」の基本情報

  • 題名 Cavalleria Rusticana カヴァレリア・ルスティカーナ
  • 作曲 ピエトロ・マスカーニ
  • 初演 1890年5月17日 ローマ コスタンツィ劇場
  • 原作 ジョヴァンニ・ヴェルガの短編小説「カヴァレリア・ルスティカーナ」
  • 台本 ジョヴァンニ・タルジョーニ=トッツェッティ、グィード・メナッシ
  • 言語 イタリア語
  • 上演時間 1時間10分

「カヴァレリア・ルスティカーナ」全1幕

シチリア島の村の広場

トゥリッドゥ

トゥリッドゥの歌声
色白なローラよ、お前が微笑めば、俺は幸せ。殺されたってかまいやしない。天国だってお前がいなきゃ、俺は行かない。

復活祭の日。広場に面して、片側には教会、もう片方には居酒屋(トゥリッドゥの母の店)がある。トゥリッドゥの恋人、サントゥッツァと、トゥリッドゥの母が現れる。ふたりは居酒屋に向かいながら話している。

サントゥッツァ

トゥリッドゥがどこにいるか教えてください。

トゥリッドゥの母
知らないよ。煩わしいことには関わりたくないんでね。隣の町に葡萄酒を仕入れに行ったんだろ。

サントゥッツァ

違うわ。昨夜この村で彼を見かけた人がいたわ。

トゥリッドゥの母
なんだって。もし家に帰っていないとしたら…

馬車の鞭と音と共に、ローラの夫(トゥリッドゥの不倫相手の女の夫)がやってくる。

ローラの夫
馬は足を鳴らし、鞭の音。さあ、行くぞ。雨や雪や冷たい風でも、問題ない。家ではローラが待っている。俺を愛し、慰めてくれて、誠実な女さ。よお、おふたりさん。いつもの葡萄酒はあるかい?

トゥリッドゥの母
息子が隣町まで仕入れに行ってるよ。

ローラの夫
いや、彼はずっとこの町にいるよ。今朝、自分の家の近くで見たから。

話そうとするトゥリッドゥの母を、サントゥッツァは止める。ふたりの様子には気がつかず、ローラの夫は、教会に行く。

トゥリッドゥの母
なんで会話を止めたんだい?

サントゥッツァ

お母さんもご存じのように、トゥリッドゥとローラは、結婚を誓う関係でした。

彼が兵役から戻ると、ローラは別の男性と結婚していたのです。失恋の傷を新しい恋、私との恋で癒やしました。

ですが、ローラは夫に隠れて、トゥリッドゥをまた愛し始めました。私は名誉と貞操を失ったのです。

「ママも知るとおり」Voi lo sapete, o mamma

歌詞と対訳

「ママも知るとおり」Voi lo sapete, o mamma|カヴァレリア・ルスティカーナ

サントゥッツァは、トゥリッドゥ母にふたりの浮気を切々と訴えます。ですが、相談する人を間違えたために、嫌味と皮肉を返されてしまいます。

トゥリッドゥの母
聖なる日に、なんて嫌なことを知らせにきたんだい。ああ、嫌だ、憐れな私たちだこと!私は、教会に行くよ。

トゥリッドゥの母は、教会に出かけていった。村の広場にはサントゥッツァがひとりになり、トゥリッドゥが現れる。

トゥリッドゥ

ここにいたのか。サントゥッツァ。

サントゥッツァ

あなたがローラの家の近くにいるのを見た人がいるわ。ローラの夫が話していたのよ。

トゥリッドゥ

それが、お前を愛してやった、お返しってわけか。俺があいつに殺されたっていいってことだな。

女は、浮気を責め、男は、逆ギレ。ご機嫌な様子で、ローラがやって来る。

ローラ
(歌声)アイリスの花よ、美しい天使は天国に千人いるけれど、彼のようにハンサムな人はひとりだけ。

トゥリッドゥ、私の夫は通ったかしら?ふたりは、こんなところでミサを聞くの?

サントゥッツァ

私は行かないわ。ミサには罪のないものだけが行くべきよ。

ローラ
そう、神に感謝して、私は行くわよ?

トゥリッドゥ

ローラ、教会に行こう。ここにいたって仕方がない。

サントゥッツァ

待ちなさい!トゥリッドゥ、私はあなたに話があるのよ!

ローラはサントゥッツァをあざ笑いながら、教会に入っていく。

トゥリッドゥ

俺に恥をかかせたな!!

トゥリッドゥは激怒し、サントゥッツァにつかみかかろうとする。

サントゥッツァ

私を捨てる気なの?泣いて頼んでもダメなの?覚えてなさいよ。

トゥリッドゥ

向こうへ行け。お前が怒ろうが、どうでもいいさ。

トゥリッドゥはサントゥッツァを地面に叩きつけて、ひとりで教会に入っていく。残されたサントゥッツァの近くを、ローラの夫が通りかかる。

ローラの夫
教会の様子はどうだい?

サントゥッツァ

(神様が私のために、ローラの夫を寄こしてくれたんだわ。)

ミサはほとんど終わりよ。あなたのために一言。ローラは、トゥリッドゥと一緒にいるわよ。今日だけでなく、あなたが仕事で家を離れているとき、ふたりはいつも一緒よ。

ローラの夫
嘘だったら承知しないぞ。

ローラの夫は最初は半信半疑だが、サントゥッツァの言葉を信じる。

ローラの夫
なんて恥知らずなやつらなんだ。今日中に復讐をしてやる。

激怒して去って行く。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲

教会の前

ミサが終わり、教会から人が出てくる。トゥリッドゥは、わざと他人行儀にローラに声をかける。

トゥリッドゥ

ローラさん。もう帰ってしまうんですか。
ここに居合わせたのだから、皆さんと乾杯しようじゃないか。

光るグラス、泡立つ葡萄酒、陽気に飲もう!
(ローラに向かい)あなたの愛のために。

「乾杯の歌」Viva il vino spumeggiante

ローラ
(トゥリッドゥに)あなたの幸運を祈って!

歌詞と対訳

「乾杯の歌」Viva il vino spumeggiante|カヴァレリア・ルスティカーナ

不倫するふたりがこっそり見つめ合い、陽気に歌う「乾杯の歌」です。

酒に酔う人たちの中に、ローラの夫が現れ、トゥリッドゥに近づく。トゥリッドゥは彼に酒を渡そうとするが、受取を拒否される。

ローラの夫
あんたの酒は、飲んだら毒になるからいらないよ。

トゥリッドゥは、酒を地面に捨てる。ふたりの様子を不安そうに見ているローラ。村の女たちにこの場を離れるように促される。

村の女たち
ローラ、あなたはここにいないほうがいいわ。

トゥリッドゥがローラの夫の耳を噛む。(シチリアの決闘の作法)ふたりは、決闘をすることになる。

ローラの夫
ひどく噛みやがったな。お前の本心がわかったぜ。

トゥリッドゥ

俺のほうが間違っているのはわかっているさ。でも、俺が死ねば、かわいそうなサントゥッツァが一人残るんだ。だから、俺は、あんたの命を狙う。

ローラの夫
好きなようにやればいい。裏の葡萄畑で待っている。

ローラの夫は立ち去り、トゥリッドゥは、自分の母を呼び話しかける。

トゥリッドゥ

母さん。この葡萄酒は強いね。もし、俺が帰らなかったら、サントゥッツァの母親になってくれ。俺、彼女と結婚すると誓っていたんだ。

「母さん、あの酒は強いね」Mamma,Quel vino è generoso

歌詞と対訳

「母さん、あの酒は強いね」Mamma,Quel vino è generoso|カヴァレリア・ルスティカーナ

「母さん、サントゥッツァの母親になってくれ」原作にはないセリフ。

母親は、なぜ急にそんなことを言うのか不思議がるが、トゥリッドゥは出て行く。トゥリッドゥの母は、何もわからずに混乱し、サントゥッツァが現れ、ふたりで抱き合う。

村の女たち
トゥリッドゥが、殺された!

トゥリッドゥの母とサントゥッツァは、ショックのあまり意識を失う。

原作では、トゥリッドゥは決闘の末、サボテンの間を転がり回って死にます。シチリア島はサボテンがあちこちで育っています。

原作のあらすじ

「カヴァレリア・ルスティカーナ」原作のあらすじ

オペラではわからなかった、登場人物の心の動きがわかります。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」と同時に上演される「道化師」

「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、レオンカヴァッロの「道化師」と一緒に上演されます。

あわせて読みたい

「道化師」のあらすじと解説

目次