Amfortas! Die Wunde!の歌詞と対訳|パルジファル

パルジファル 第2幕

ワーグナー「パルジファル」に出てくる「Amfortas! Die Wunde!」の歌詞と対訳です。

目次

Amfortas! Die Wunde!の歌詞

Amfortas! Die Wunde! Die Wunde!
Sie brennt mir hier zur Seite!
O, Klage! Klage!
Furchtbare Klage!
Aus tiefstem Herzen schriet sie mir auf.
Oh! Oh!
Elender! Jammervollster!
Die Wunde sah ich bluten;
nun blutet sie in mir.
Hier – hier!
Nein! Nein! Nicht die Wunde ist es.
Fliesse ihr Blut in Stroemen dahin!
Hier! Hier! Im Herzen der Brand!
Das Sehnen, das furchtbare Sehnen,
das alle Sinne mir fasst und zwingt!
O! Qual der Liebe!
Wie alles schauert, bebt und zuckt
in suendigem Verlangen!

Es starrt der Blick dumpf auf das Heilsgefaess –
das heil’ge Blut erglueht;
erloesungswonne, goettlich mild,
durchzittert wiethin alle Seelen;
nur hier, im Herzen, will die Qual nicht weichen.
Des Heilands Klage da vernehm ich,
die Klage – ach! Die Klage
um das entweihte Heiligtum.
“Erloese, rette mich
aus schuldbefleckten Haenden!”
So rief die Gottesklage
furchtbar laut mir in die Seele.
Und ich – der Tor, der Feige,
zu wilden Knabentaten floh ich hin!
Erloeser! Heiland! Herr der Huld!
Wie buess ich, Suender, meine Schuld?

Amfortas! Die Wunde!の対訳

パルジファル

アンフォルタス! 傷口が!傷口が!
私の中で焼けている!
ああ、嘆き、嘆き!
ひどい嘆きだ!
心の底から、私に泣きついてくる。
ああ!ああ!
哀れな者よ!最も悲惨な者よ。
傷口から血が出るのを見た。
今、それは私の中で血を流している。
ここだ、ここだ。
いや!いや!傷口ではない。
血が小川のように流れている。
ここだ、ここだ。炎の中心で。
憧れ、恐ろしいほどの憧れ。
私のすべての感覚を掴んで離さない。
ああ、愛の苦悩だ。
すべてのものが、身震いし、震え、痙攣しているか。
罪深い憧れの中で。

私の視線は、救いの器をぼんやりと見つめ。
聖なる血の輝き
救いの至福、神々しく穏やかに
すべての魂に震えを与える。
ここだけ、心の中だけは苦悩が離れない。
救い主の嘆きが聞こえる。
嘆き、ああ!嘆きだ
冒涜された聖域のための
「私を救ってください
罪悪感にまみれた手から!」
こうして神の嘆きが叫ばれた
私の魂の中でひどく大きな声で
そして私は、愚かな、臆病者だ。
少年の粗野な行為に私は逃げたのだ
贖罪者!救世主!慈悲の主よ!
どうすれば罪を悔い改められますか?

あわせて読みたい

「パルジファル」のあらすじ・相関図

目次