「二重唱」Si, pel ciel marmoreo giuro!歌詞と対訳|オテロ

オテロ 第2幕

ヴェルディのオペラ「オテロ」の「二重唱」Si, pel ciel marmoreo giuro!の歌詞と対訳です。

目次

「二重唱」Si, pel ciel marmoreo giuro!の歌詞

OTELLO
Si, pel ciel marmoreo giuro!
Per le attorte folgori!
Per la Morte e per l’oscuro mar sterminator!
D’ira e d’impeto tremendo
presto fia che sfolgori
Questa man ch’io levo e stendo!

JAGO
Non v’alzate ancor!
Testimon è il Sol ch’io miro,
che m’irradia e inanima
l’ampia terra e il vasto spiro
del Creato inter,
che ad Otello io sacro ardenti,
core, braccio ed anima
s’anco ad opere cruenti
s’armi il suo voler!

JAGO e OTELLO
Sì, pel ciel marmoreo giuro!
Per le attorte folgori!
Per la Morte e per l’oscuro mar sterminator!
D’ira e d’impeto tremendo presto fia
che sfolgori questa man ch’io levo e stendo!
Dio vendicator!

「二重唱」Si, pel ciel marmoreo giuro!の対訳

オテロ

そうだ、冷淡な空に誓う。
ねじれた稲妻にかけて!
死と、闇をもたらす海にかけて!
怒りとすさまじい勢いで
やがて、はじけるだろう
この手を振り上げ伸ばせば

イアーゴ

まだ立ち上がらないでください。
証人は、(照らし)私が目指す太陽であり
私を照らし、生きるものの
広い大地と(生きるものの)大いなる息吹だ
創造の狭間で
オテロに燃える(心、腕、魂を)捧げます。
心、腕、魂を
血塗られた行為に
意思を固めていたとしても

オテロ

オテロとイアーゴ
そうだ、冷淡な空に誓う。
ねじれた稲妻にかけて!
死と、闇をもたらす海にかけて!
怒りとすさまじい勢いで
やがて、はじけるだろう
この手を振り上げ伸ばせば
復讐の神よ。

あわせて読みたい

「オテロ」のあらすじ・相関図

目次