簡単にわかる「ホフマン物語」あらすじと相関図|オッフェンバック

オペラ「ホフマン物語」は、オペレッタ「天国と地獄(地獄のオルフェ)」で有名なオッフェンバックが残した作品です。オッフェンバックが最晩年に書き始め、未完で終わっているため、様々な版があります。

詩人のホフマンが、酒場で自分の3つの恋を語るという、オムニバス方式(一つの作品に、3つの短編)のオペラです。ホフマンには、芸術の女神ミューズが取り付いていて、ホフマンの恋の行方を見守ります。

オペラの人物ホフマンは、E.T.A.ホフマンのことです。実在の作家。バレエの「くるみ割り人形」などの原作者で知られる人物です。オペラの中でホフマンが話す恋物語は、E.T.A.ホフマンの複雑怪奇な小説を原作としています。

目次

オペラ・歌劇「ホフマン物語」の簡単なあらすじ

詩人のホフマンは、昔の恋人ステラとの道、芸術の女神ミューズとの道のどちらを選択するか、岐路に立っていた。ミューズは、ホフマンの友人ニクラウス(女神から男)に変身して、ホフマンを見守る。

からくり人形、歌手志望の娘、高級娼婦、それぞれの恋を酒場で語るホフマン。3人の女性はすべて昔の恋人ステラのことだった。

ホフマンに会いに来たステラは、酔っ払った彼の姿を見て立ち去る。ホフマンは詩人の道へ進む

「ホフマン物語」の相関図

ホフマン物語の相関図
オペラ「ホフマン物語」の相関図・タップで拡大表示

「ホフマン物語」の登場人物

ホフマン詩人テノール
ニクラウス・ミューズホフマンの親友・女神メゾ・ソプラノ
ステラ劇場のプリマドンナソプラノ
オランピアからくり人形ソプラノ
アントニア歌手志望の若い娘ソプラノ
ジュリエッタ高級娼婦ソプラノ
リンドルフ上院議員バリトン
コッペリウス人形作り師バリトン
ミラクル博士あやしい医者バリトン
ダペルトゥット魔術師バリトン
スパランザーニ科学者テノール
クレスペルアントニアの父バス
シュレーミルジュリエッタの元恋人(影のない男)バス

ステラ、オランピア、アントニア、ジュリエッタを一人のソプラノ歌手が、上院議員、人形作り師、怪しい医者、魔術師(悪魔)は、一人のバリトンが演じることがあります。

「ホフマン物語」の基本情報

  • 題名 ホフマン物語 Les Contes d’Hoffmann
  • 作曲 オッフェンバック
  • 初演 1881年2月10日 パリ オペラ・コミック座
  • 原作 E.T.A.ホフマンの小説
  • 台本 ジュール・バルビエ
  • 言語 フランス語
  • 上演時間 2時間50分(第1幕30分 第2幕35分 第3幕35分 第4幕45分 第5幕25分)

オッフェンバックはドイツ生まれのユダヤ人ですが、フランスに帰化したので、フランス語で作品を書いています。

「ホフマン物語」の解説

ホフマン物語 地図
  • ドイツ・ニュルンベルク…酒場
  • イタリア・ローマ…からくり人形との恋
  • ドイツ・ミュンヘン…歌手志望の娘との恋
  • イタリア・ヴェネツィア…高級娼婦との恋

「ホフマン物語」第1幕

前奏曲

ドイツ・ニュルンベルク、酒場

夜、酒瓶や酒樽のある酒場。大きな酒樽からミューズが出てくる。

ミューズ|ニクラウス

詩人で音楽家の偉大な友、ホフマンは、水を飲まずに酒を飲みます。私は毎晩ここで酒を飲むホフマンを見守ってきました。

隣の劇場で、ホフマンの元恋人ステラが舞台に立っています。運命の時が来たわ。ホフマンは、ステラかミューズの私か、選択しなければならない!

ニクラウス|ミューズ

ことの成り行きを見守るため、ミューズからホフマンの友ニクラウスの姿に変身しましょう。

ニクラウスに変身したミューズは、扉の影に隠れる。酒場にやってきた上院議員。彼はステラの召使いから、金を渡してホフマンへの手紙を奪い取る。ニクラウスは酒場を出て行く。

上院議員(リンドルフ)
ステラは昔の恋人を訪ねてきたと聞いていたが、相手はあの才能のあるホフマンだったとは。彼女はホフマンへ手紙まで書いている。

ステラからホフマンへの手紙「あなたを愛しています。あなたを苦しめたことを許してくれるのなら、この鍵で私の部屋に来て下さい。」

思い悩む恋人役をするには、私は哀れで下手な役者だと知っている。だが、老いてはいても、負けないぞ!

酒場の店員が大慌てで入ってくる。

酒場の人
さあ、オペラの幕間だぞ。ホフマンと馬鹿騒ぎが好きな若い連中がやってくるぞ。酒の準備だ。

オペラ

作品中に出てくるオペラは、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」で、ステラは「ドンナ・アンナ」を演じていることになっています。

陽気な学生たちが、酒場に入って次々と注文していく。

学生たち
こっちにビールを、こっちにワインを。たっぷりと注いでくれ。劇場で歌うステラは素晴らしいな。ステラに乾杯だ!!おい、ホフマンはどこにいる?来たぞ!ホフマンが!

ホフマンとニクラウスが酒場に姿を現す。上院議員はホフマンを見ている。

ホフマン

(暗い様子で)やあ、皆さん。椅子、グラス、パイプ。

ニクラウス|ミューズ

(茶化すように)ご主人様、私も同じように、椅子に座り、酒を飲み、煙草を楽しみたいのですが。

ホフマンは席についても、頭を抱えて憂鬱そうにしている。

学生たち
どうした?何か悪いものにでもあたったのか?

ホフマン

今晩、劇場で再び会った…古い傷が…いや、人生は短い。さあ、飲んで歌って騒ぐぞ。クラインザックの物語を歌おう。

昔々、宮廷にクラインザックという男がおりました。クリッククラックと音が鳴る足に、クリッククラックと鳴る頭。彼の顔立ちは、顔立ちは…

彼女は、素敵な顔立ちだった。昔のように彼女を見た。かつて彼女を追って、森を抜け追いかけた。彼女の優しい声は、今でも僕の心に響いている。

「昔アイゼナックの宮廷に(クラインザックの伝説)」Il était une fois à la cour d’Eisenach

学生たち
誰のことを言っているの?クラインザックのこと?

ホフマン

いいや、何でもない。酒を飲み過ぎただけ!

ホフマンは学生たちとさらに酒を飲む。

学生たち
変だぞ。ホフマンは恋をしているのか?

ホフマン

やめてくれよ。もし僕がそうなってしまったら、悪魔が私を連れて行ってくれるだろうよ。

上院議員(リンドルフ)
不謹慎なことを誓ってはいけませんよ。

ホフマン

悪魔の話をすると悪魔の角に会うっていうのか?悪魔は、どうやってここに入ってくる?

上院議員(リンドルフ)
扉からですよ。酔っ払いのあなたと同じようにね。

酔っ払った学生たちは恋の話を始める。

学生たち
ホフマン、お前の恋人はさぞや宝物のようなんだろうな。

ホフマン

僕の恋人だって?(ステラだよ。一人の女の中に3人の女を宿しているのさ。芸術家、若い女、高級娼婦!

恋人なんていないさ!過去に3人の恋人ならいたよ。みんなは狂気の愛の物語を聞きたいか?

学生たちはホフマンの恋物語を聞きたいと盛り上がる。上院議員もその場に残ることにした。

酒場の人
皆さん、オペラの幕が上がりますよ。

かまわずに酒場に残る人々。ホフマンが昔の恋愛を話し始める。

ホフマン

最初の女は、オランピア。

「ホフマン物語」第2幕

イタリア・ローマ、科学者の応接間

豪華な家具や調度品が置いてある、科学者の部屋。

科学者
倒産した会社の手形がある。金を取り戻したいが…何かアイデアはないかな。おや、ホフマン。よく来たね!

ホフマン

早く来てしまったようですね。

科学者
謙遜はダメだぞ。君は詩人であり、音楽家でもある。そして、科学でも優秀だ。そうだ。私の娘オランピアを紹介しよう。(急に厳かになって)科学がすべてだよ。オランピアは高くついた。

ホフマン

(科学と娘に何の関係があるんだろう?)

科学者は部屋を出ていく。ホフマンはオランピアの部屋を覗きこむ。

ホフマン

彼女だ。オランピアは本当に美しいな。

ホフマンがオランピアを見ていると、ニクラウスが現れる。

ニクラウス|ミューズ

ホフマン!ここにいると思ったよ。オランピアのことをよく知らないのに、愛の告白をするなんて早まった真似をするな。手紙を書け!話しかけろ!相手のことをよく知るんだ!

ホフマン

いいや、そんなことしなくていい。

ニクラウスが呆れて立ち去ろうとすると、人形作り師がやって来てニクラウスに声を掛ける。

人形作り師(コッペリウス)
あの男は、オランピアを見ているのか?彼と話したい。

ニクラウス|ミューズ

彼はオランピアに夢中で何も聞こえてないよ。話が出来るようになるには、こうするしかない!

ニクラウスがホフマンの肩を強く叩く。

ホフマン

何か用事があるのか?

人形作り師(コッペリウス)
特別な眼鏡を見せよう。全てものを輝かせることの出来る魔法の眼鏡だ。私は本物の目玉を持っている。この目玉があれば、君の見たいものを見ることができるぞ。さあ、手に取りなさい。

「私は目玉を持っている」J’ai des yeux

ホフマンは半信半疑で眼鏡を掛ける。

ホフマン

オランピアに美しい光が!天使だ。

ニクラウス|ミューズ

しっかりしろ!ホフマン。

人形作り師に金を払い、ホフマンは魔法の眼鏡を手に入れる。これ以降、ホフマンは魔法の眼鏡を掛けている。


科学者と人形作り師の密談。

科学者
オランピアの全ての権利を私に渡してくれれば、手形をやろう。

人形作り師(コッペリウス)
取引成立だ。ところで、いい考えがある。オランピアを結婚させよう。頭のおかしな若者(ホフマン)がお前に結婚の申し出をしてこなかったか?

科学者
ああ!それはいい考えだ。

科学者と人形作り師は握手する。その場に来たホフマンは話がわからず、戸惑う。


科学者の応接間に集まった、招待客たち。科学者がオランピアを連れて入ってくる。

科学者
皆さんに私の娘を紹介しましょう。歌を披露しますよ。

科学者の召使いが楽器を用意して、オランピアが歌う。

オランピア

並木の鳥たちやお日様が若い娘に声をかける。若い娘に。この可愛い歌は、オランピアの歌よ。心を高鳴らせ、切なさを歌う。この可愛い歌は、オランピアの歌よ。

「生け垣に小鳥たちが」Les oiseaux dans la charmille

ホフマン

オランピア、少しお話を。

科学者
うちの娘は疲れているので、後にして下さい。(いや、ホフマンを試してみよう。)娘を少しエスコートしてくれないか。

ホフマンとオランピアを残して、招待客らが部屋を出て行く。

ホフマン

やっとふたりきりになれたね。魅惑的な瞳で僕を見てくれ。

ホフマンはオランピアの肩に触れる。

オランピア

ええ!ええ!

ホフマン

なんて素直な返事。僕を愛してくれているんだね。

ホフマンが情熱的に手を握ると、オランピアは壊れたように部屋を動き回る。オランピアについて回るホフマン。部屋に入ってきた、ニクラウスが呆れる。

ニクラウス|ミューズ

お前の愛しい人は、招待客になんと言われているか知っているか。死んでいるか、生きていないとさ。向こうではみんな踊っている。彼女と一緒に踊れば、彼女が生きているのか、お前にもわかるさ。

ホフマン

彼女を笑うなんて、招待客は愚か者だ。

ニクラウス|ミューズ

とりあえず踊るんだな。行こう。

ホフマンとニクラウスが部屋を出て行く。入れ替わりに怒った人形作り師が部屋に入る。

人形作り師(コッペリウス)
科学者に騙された!あいつが渡した手形は、金にならない紙くずだった。覚えてろよ!

人形作り師は隣の部屋に隠れ、招待客らが部屋に戻ってくる。

科学者
オランピア。さあ、ホフマンと踊ってやれ。

ホフマンとオランピアはワルツを踊り始めるが、次第に踊りが早くなっていく。

ニクラウス|ミューズ

大変だ。ホフマンが大けがをするぞ!

ニクラウスが踊りを止めようとするが止まらない。科学者がオランピアに飛びついて、踊りを止める。ホフマンは長いすに倒れて気絶。オランピアは科学者の召使いに付き添われて部屋を出て行く。

科学者
眼鏡が壊れただけで、ホフマンは無事だ。

ホフマンは目を覚ますが、部屋の外で何かか壊れる大きな音が聞こえてくる。

人形作り師(コッペリウス)
復讐だ。人形を壊してやる!

人形作り師と科学者が罵りあう。壊れたオランピアを見て、ショックを受けるホフマン。

ホフマン

彼女はからくり人形だったのか。

「ホフマン物語」第3幕

ドイツ・ミュンヘン、歌手志望の娘・アントニアの家

日没後、薄暗く不可思議な雰囲気の部屋。壁にはヴァイオリン、中央にチェンバロ(グランドピアノのような形の鍵盤楽器)が置いてある。部屋には、アントニアの母の大きな肖像画が飾ってある。一人で歌を歌うアントニア。

アントニア

雉鳩は逃げた。あなたから遠くへ。でも、あなたへの誓いは守っているわ。愛する人よ、私の心はあなたのもの。

「逃げていった雉鳩は」Elle a fui, la tourterelle!

アントニアの父が部屋に入る。

アントニアの父
娘よ、二度と歌わないと約束したじゃないか。

アントニア

(女性の肖像画を見て)歌いながら、母の姿が甦ったの。まるで母の声が聞こえるようでした。

アントニアの父
お前の母の声を思い出すからやめてくれ。

(ホフマンが娘に歌を歌う陶酔を教えたんだ。彼から娘を引き離そうと、ミュンヘンに引っ越したのに。)

使用人よ、私は出かける!お前は耳が遠くて心配だが、娘の部屋に誰も入れないように!

アントニアの父は部屋を出て行く。

耳の遠い使用人
昼も夜も努力している。それなのに旦那様はいつも怒っている。

ホフマンとニクラウスが訪問。ホフマンが使用人に声を掛ける。

ホフマン

(大声)アントニアに会わせろ!

耳の遠い使用人
(大声)いいですよ。旦那様も訪問を喜ぶでしょう!

使用人が去り、残るホフマンとニクラウス。

ホフマン

やっと分かる。彼女が何も言わずに遠くに去った理由を。

ニクラウス|ミューズ

からくり人形に恋をして大変な目にあったが、今回も大丈夫か?アントニアは芸術家だ。だから、彼女の心は風変わりだ。(壁にあるヴァイオリンを手に取り)見たまえ、わななく弓の下で。この楽器のように、彼女は風変わり。

歌うニクラウスを無視しして、ホフマンはチェンバロを鳴らして歌う。

ホフマン

彼女はもうすぐ来る!アントニアのために詩を作ったんだ。「これは恋の歌。遠くに飛び去る…」

「飛び去る愛の歌」C’est une chanson d’amour

「これは恋の歌。遠くに…」アントニアが亡くなるときに、この歌を歌う。

アントニア

ホフマン!

二人は抱き合って再会を喜ぶ。ニクラウスは部屋を出て行く。

ホフマン

なぜ君は突然去ったんだ?君の父親が僕から君を引き離したのか?

アントニア

私とあなたを結びつけたのは、私の父ですよ。

ホフマン

愛し合っているのだから、明日には夫婦になろう。

アントニア

明日にはあなたは私の夫。大変。父が来るわ。隣の部屋に行きましょう。

ホフマン

(ここに残って、彼女が突然去った謎を解かなければ。)

アントニアは隣の部屋に行き、ホフマンは部屋の片隅に隠れる。部屋にアントニアの父が入ってきた。

アントニアの父
誰も部屋に入っていないな。ホフマンがここにいたような気がしたが。

耳の遠い使用人
旦那様、医者が来ましたよ。

アントニアの父
とんでもない。あいつは医者ではない。妻だけでなく、娘の命まで取ろうと狙っている男だ。追い払ってしまえ。

怪しい医者が突然現れ、使用人は逃げ出す。

怪しい医者(ミラクル博士)
娘さんを私に診せなさい。あの子が母親から受け継いだ病を私が治してやろう。彼女の所に案内しろ。

アントニアの父
お前が妻の命を奪い取ったんだ。娘には絶対近づけない。

怪しい医者(ミラクル博士)
娘さんを直接見なくても、私は診察できるんだ。なになに、脈が早い。お嬢さん、歌を歌いなさい。お気の毒に、瀕死の状態だ。もし娘さんを救いたいなら、この小瓶を飲ませるのです。

透明人間を相手に診察する医者。その様子をみて、ホフマンは驚く。

ホフマン

(アントニアを死から救わないと。悪魔よ、立ち去ってくれ。)

アントニアの父
娘は絶対に歌わせない!娘を死なせてなるものか!そんな小瓶もいらない。悪魔よ、立ち去れ!

アントニアの父が怪しい医者を扉から追い出す。なぜか壁を通り抜け、また医者が入ってくる。

怪しい医者(ミラクル博士)
この小瓶が必要でしょう…

アントニアの父は、医者を必死に追い払い、ふたりは部屋から出ていく。残ったホフマン。

ホフマン

アントニア!彼女がもう歌えないなんて。この犠牲を彼女は受け入れてくれるだろうか?

アントニアが隣の部屋から出てくる。

アントニア

私の父はなんと言っていましたか?

ホフマン

落ち着いて聞いてくれ。歌手になる夢を諦めてくれ。新しい人生をふたりで歩いて行こう。

アントニア

…いいわ。受け入れるわ。

ホフマン

明日また会いに来るよ。

ホフマンは帰る。

アントニア

ホフマンは父の味方になってしまったのね。でも、涙は流さない。彼と約束したもの。もう歌わないわ。

アントニアの背後に現れる、怪しい医者。耳元でささやく。

怪しい医者(ミラクル博士)
もう歌わないのか?美しさと才能を持つお前は、その力を埋もれさせるのか?才能は、お前にどのような幸せをもたらすはずだったのか?舞台照明の下、観客の熱い視線、喝采が聞こえないのか?

「三重唱」Tu ne chanteras plus?

アントニア

どこかへ去って。悪魔め!愛する人と約束したのよ。歌わないわ。でも、誘惑に負けそう。誰が私を救ってくれるの?
(壁にかかった母親の肖像画を見て)お母さん。

怪しい医者(ミラクル博士)
お前の母だと?私の声を通して話しているのは、お前の母なのだぞ。

肖像画
アントニア!愛しい子。よく聞きなさい。歌い続けなさい、我が娘よ!

アントニアの父が慌てて部屋に入ってくる。

アントニア

お父さん、お母さんが戻ってきたわ。私を呼んでいるの。「これは恋の歌。遠くに飛び去る…」

「これは恋の歌。遠くに…」ホフマンが作った歌

アントニアは歌い、亡くなる。

アントニアの父
これはホフマンのせいに違いない。

ホフマンとニクラウスが訪問。アントニアの父がホフマンに刃物を持って襲いかかろうとする。ニクラウスが止める。

ニクラウス|ミューズ

気の毒な人だ。

ホフマン

アントニア、大丈夫か?誰か医者を!

どこからともなく医者が現れる。

怪しい医者(ミラクル博士)
来ましたよ。彼女はすでに亡くなっている。

「ホフマン物語」第4幕

イタリア・ヴェネツィア、運河に面した邸宅

夜、運河にゴンドラが浮かぶ邸宅。ホフマンは椅子に座って運河を見ている。ゴンドラの中に、ニクラウスと高級娼婦のジュリエッタ。

ニクラウス|ミューズ

美しい夜、恋の夜。

「ホフマンの舟歌」Barcarolle

ジュリエッタ

時は過ぎ去り、二度と戻らない。

歌詞と対訳

「ホフマンの舟歌」Barcarolle|ホフマン物語

ニクラウスとジュリエッタが歌う、夜のヴェネツィアにぴったりな二重唱。

二人のゴンドラが戻ってきた。

ニクラウス|ミューズ

ホフマンは酒好きで、あなたに敬意を払っていますよ。

ジュリエッタ

彼はお酒好きなのね。私の女の子たちをホフマンに紹介するわ。

ニクラウス|ミューズ

ホフマンは婚約者を失ったばかりだからね。恋には興味がないよ。

ジュリエッタ

それでは彼の求めるものは何?

ニクラウスとジュリエッタの会話に入ってきたホフマン。

ホフマン

賭け事に勝つことですよ。さあ、みんなで酒を飲み、賭けをしよう。欲望に心を燃やせ。愛を楽しもう。愛に悩むやつは地獄に落ちろ。束の間の天国を楽しむのだ。

「欲望に心を燃やせ 」Que d’un brûlant désir

ホフマンと客たちが盛り上がっていると、邸宅に不機嫌そうな男が入ってきた。

影をなくした男
君は恋人がいないかのように振る舞うのがうまいな。

ジュリエッタ

高級娼婦としての仕事がありますからね。

ジュリエッタは使用人を呼ぶ。

ジュリエッタ

(小声で)あの方(悪魔)はどこにいるの?

使用人
もうすぐいらっしゃいます。

ジュリエッタ

さあ、皆さん。賭け事をしましょうよ。楽しく遊びましょう。

ホフマンがジュリエッタに手を差し伸べると、影のない男が邪魔に入り彼女の手を取り、中に入っていく。

ニクラウス|ミューズ

手持ちの金がないのに、どうやって賭けで遊ぶんだ?

ホフマン

なんとかなるさ。賭け事に勝てばいい。悪魔にだって勝ってやる。

ふたりにゴンドラから声が掛かる。

悪魔(ダペルトゥット)
ホフマンさん、ジュリエッタが屋敷であなたをお待ちですよ。さあ、中に入るのです。

ホフマン

なぜ、私の名前をご存じなのですか?

悪魔(ダペルトゥット)
私はジュリエッタと古くからつきあいがあるのでね。

ホフマンとニクラウスは、屋敷に入る。

悪魔(ダペルトゥット)
あの影のない男をくたばらせたいんだ。それには、ホフマンとあの男を決闘させねばならなない。さあ、ジュリエッタ。うまくホフマンを誘惑してくれ。

回れ、鏡よ、ヒバリはそれに引っかかる。輝け、ダイヤモンド。ヒバリはそれに魅了される。女もヒバリも甘い誘惑には勝てないのだ。

「回れ回れ鏡よ」Tourne, tourne, miroir

屋敷から、悪魔のいるゴンドラにジュリエッタと使用人が戻ってくる。悪魔は彼女に指輪をはめる。

ジュリエッタ

あなたのしもべに、何をお望みなのかしら?

悪魔(ダペルトゥット)
話が早いな。今回はホフマンの鏡像(鏡に映った姿)が欲しくなった。お前には難しいかもしれない。ホフマンはお前を気にしていない様子だったからな。

ジュリエッタ

そんなことないわ!でも、邪魔が入るわ。

悪魔(ダペルトゥット)
影をなくした男は、用済みだ。すでにあいつの魂は手に入れているのだからな。それよりも、ホフマンの鏡像(鏡に映った姿)が欲しい。お前が誘惑すれば、ホフマンは自ら、自分の鏡像をお前に渡すだろうさ。

ジュリエッタ

いいわ。うまくやる。

ジュリエッタは屋敷に入っていく。

屋敷の中の賭博場

華やかな賭博場。着飾った男女、ホフマンらが賭け事をしている。その場を盛り上げるため、ジュリエッタと高級娼婦の娘たちが歌を歌う。ジュリエッタはホフマンに近づく。

ジュリエッタ

女神のお気に入りになると、幸運が舞い込むわ。

ホフマン

いいぞ。

ジュリエッタがささやくが、ホフマンは賭け事に夢中で気がつかない。

ジュリエッタ

ホフマン、勝ったわ!幸運の女神に乾杯ね。

影をなくした男
いいや、売春婦の女神だろ!

ホフマンはニクラウスに相談する。

ホフマン

どれだけ金をつぎ込んでいいのか、わからない。

ニクラウス|ミューズ

仕方ないな。僕の財布を貸すよ。

ジュリエッタ

ホフマン、女神は気まぐれよ。慎重にね。

影をなくした男
ジュリエッタ。お前は俺の女なのに、どうしてホフマンにかまうんだ。

ジュリエッタ

私が誰に対しても礼儀正しくて、何か問題があるというの?

影をなくした男がジュリエッタを罵る。ホフマンは止めに入る。

ホフマン

やめろ。女性を罵るより、女性をいたわる言葉を言う方が、ジュリエッタの心を掴めますよ。

(小声で)ニクラウス。見ろ、あいつには影がない。

ニクラウス|ミューズ

影がないって?

影をなくした男
そうだ。影を渡す代わりに、俺は貴重な宝物を手に入れたんだ。光を持ってこい。本当に影がないかわかるだろう!!

貴重な宝物…夜ごと、ジュリエッタを閉じ込める部屋の鍵

使用人たちが光を持ってきて、男に当てると影がない。騒然とする。

ジュリエッタ

女の子たち!お客様を遊ばせるのよ。皆様遊びにいらしたのだから!

(ホフマンとニクラウスに向かって)ごめんなさいね。あの人は、薄気味悪い冗談を言う人ですわ。

客たちは娼婦たちに連れられて賭けに戻り、ホフマンと影のない男も賭けを始める。

ニクラウス|ミューズ

ホフマン。そろそろ帰らないか?

ホフマン

誰に幸運が来るか、わからない。やめないぞ。

ジュリエッタ

(賭けろ!お前たちは負けるんだ。泣き崩れている間に、私はいなくなるわ。)

ホフマン

よし、こうなったら、全て賭けてやる!

ニクラウス|ミューズ

やめろ、僕たち文無しになるぞ!!

賭けのテーブルが盛り上がる中、ホフマンは突然立ち上がる。

ホフマン

やめた!

ホフマンが去り、ニクラウスが追いかけようとする。

悪魔(ダペルトゥット)
あなたは賭けの続きをやりましょう。

悪魔がニクラウスの手を離さない。立ち去るホフマンを追いかける、ジュリエッタ。

ジュリエッタ

どうしたというのです?

ホフマン

(皮肉っぽく)君は僕には高い女だよ。

ジュリエッタ

…意地の悪いことを言うのね。華やかな世界の裏で、悲しみや苦悩を隠しているのを誰も分かってくれないわ。

ホフマン

ジュリエッタ。僕がその悲しみから…

悪魔の手を振り払ったニクラウスが、ホフマンに声を掛ける。

ニクラウス|ミューズ

ホフマン、急いでここから立ち去ろう。幸いにも僕たちには馬がある。路地で待ち合わせしよう!

ニクラウスは部屋を飛び出す。

ジュリエッタ

ニクラウスの言うことは、本当です。あなたは危険な状況なのです。私も後であなたに追いつくから、今はすぐに去って下さい。

ホフマン

そんな君を愛しているのに、立ち去れない。

ジュリエッタ

私はここを立ち去れないのです。あの影のない男が、毎晩私を部屋に閉じ込め鍵を掛けているのよ。

ホフマン

僕が鍵を奪い取ろう。

ジュリエッタ

うまくいけば、私はあなたのものよ。それまで、私の心がくじけないように、あなたの鏡像が欲しいわ。この鏡を見て。愛しいあなたの姿が映っている。あなたの鏡に映った姿を、私の心に閉じ込めるのよ!

ホフマン

そんなことができるのか?でも、君の願いだ。叶えよう。

鏡の中から、ホフマンの姿が消える。


人々が集まり、ホフマンと影をなくした男が、決闘騒ぎになる。

悪魔(ダペルトゥット)
おやまあ、あなたも鏡に映らなくなったようで!

ホフマン

本当だ。鏡に映っていない。

影をなくした男
あはは、お前も仲間か、友だな。

ジュリエッタ

パーティーはお開きです。皆様、お帰りになって。

ジュリエッタはホフマンをじっと見つめてから、屋敷に入っていく。悪魔とジュリエッタの使用人はその場に残る。

ニクラウス|ミューズ

さあ、ホフマン、僕らも帰ろう。

ホフマン

いや、まだだ。先に行ってくれ。

ニクラウスは、心配しながらも立ち去る。

ホフマン

おまえ、ジュリエッタを閉じ込める鍵を渡すんだ。

影をなくした男
命に賭けても渡すものか。

悪魔(ダペルトゥット)
それでは、私が決闘を仕切ろう。

ホフマンと影をなくした男が決闘。男が死ぬ。ホフマンは男から鍵をとり、屋敷に入っていく。

悪魔(ダペルトゥット)
警察を呼びに行け。俺は恋人の所に戻るかな。

ニクラウスが騒ぎを聞きつけて、屋敷にいるホフマンを連れ戻す。

ニクラウス|ミューズ

ホフマン、何をやっている。警察が来るぞ!ゴンドラにいる、あいつらを見ろ。

ニクラウスが指さした先には、悪魔とジュリエッタが恋人のように抱き合い、ゴンドラに乗って去って行く。

「ホフマン物語」第5幕

ドイツ・ニュルンベルク、酒場

ホフマンは話し終わり、隣の劇場はステラへの喝采が響いている。

ホフマン

これが僕の恋物語さ。ああ、ステラ!

上院議員(リンドルフ)
(もう心配ないな。ステラは私のものだ。)

上院議員は酒場から立ち去る。

学生
なぜ、ステラの名を?

ニクラウス|ミューズ

まだわからないの?3人の恋人は、一人の女のことさ。オランピア、アントニア、ジュリエッタは、ステラのことだよ。

ホフマンと学生たちは、さらに酒を飲み酔っ払う。酒場の扉が開き、ステラが入ってくる。

ニクラウス|ミューズ

(ホフマンの決断の時だ。)

ステラがホフマンの方へ近づいていくが、酔っ払うホフマンの様子に気がつき立ち止まる。

ホフマン

どこかでお見かけしたような?オランピア、いや、彼女は壊れた。アントニア、死んだな。ジュリエッタは、地獄に行った。

ステラの横に上院議員が現れて、エスコートする。

上院議員(リンドルフ)
失礼、マダム。お手をどうぞ。

ホフマンは、ステラを連れて出て行こうとする上院議員を引き止める。

ホフマン

お待ちを、上院議員。クラインザックの話は未完ですよ。あなたのために、最後の一節を歌いましょう。

ホフマンと学生たちは酔っ払いながら歌う。ステラと上院議員は酒場を出て行く。

ニクラウス|ミューズ

可哀相なホフマン。酔いつぶれてしまった。恋の夢は忘れなさい。もうあなたは人間ではなくなったわ。あなたは、詩人に生まれ変わったのよ。私はニクラウスからミューズへ戻りましょう。

ミューズ|ニクラウス

心の灰から、才能が燃え立つのです。

ホフマン

心の灰から、才能が燃え立つ。

いつのまにか、ホフマン一人になっている。ホフマンがミューズの言葉をつぶやく。

目次