「二重唱」Già nella notte densa歌詞と対訳|オテロ

オテロ 第2幕

ヴェルディのオペラ「オテロ」の「二重唱」Già nella notte densaの歌詞と対訳です。

目次

「二重唱」Già nella notte densaの歌詞

OTELLO
Già nella notte densa
s’estingue ogni clamor.
Già il mio cor fremebondo
s’ammansa in quest’amplesso e si rinsensa.
Tuoni la guerra e s’inabissi il mondo
se dopo l’ira immensa
vien quest’immenso amor!

DESDEMONA
Mio superbo guerrier! Quanti tormenti,
quanti mesti sospiri e quanta speme
ci condusse ai soavi abbracciamenti!
Oh! com’è dolce il mormorare insieme:
te ne rammenti!
Quando narravi l’esule tua vita
e i fieri eventi e i lunghi tuoi dolor,
ed io t’udia coll’anima rapita
in quei spaventi e coll’estasi in cor.

OTELLO
Pingea dell’armi il fremito, la pugna
e il vol gagliardo alla breccia mortal,
l’assalto, orribil edera, coll’ugna
al baluardo e il sibilante stral.

DESDEMONA
Poi mi guidavi ai fulgidi deserti,
all’arse arene, al tuo materno suol;
narravi allor gli spasimi sofferti
e le catene e dello schiavo il duol.

OTELLO
Ingentilia di lagrime la storia
il tuo bel viso e il labbro di sospir;
scendean sulle mie tenebre la gloria,
il paradiso e gli astri a benedir.

DESDEMONA
Ed io vedea fra le tue tempie oscure
splender del genio l’eterea beltà.

OTELLO
E tu m’amavi per le mie sventure
ed io t’amavo per la tua pietà.

DESDEMONA
Ed io t’amavo per le tue sventure
e tu m’amavi per la mia pietà.

OTELLO
Venga la morte! e mi colga nell’estasi
di quest’amplesso
il momento supremo!
Tale è il gaudio dell’anima che temo,
temo che piu non mi sara concesso
quest’attimo divino
nell’ignoto avvenir del mio destino.

DESDEMONA
Disperda il ciel gli affanni
e amor non muti col mutar degli anni.

OTELLO
A questa tua preghiera
“Amen” risponda la celeste schiera.

DESDEMONA
“Amen” risponda.

OTELLO
Ah! la gioia m’innonda
si fieramente… che ansante mi giacio…
Un bacio…

DESDEMONA
Otello!

OTELLO
Un bacio… ancora un bacio,
Gia la pleiade ardente al mar discende.

DESDEMONA
Tarda e la notte.

OTELLO
Vien… Venere splende.

「二重唱」Già nella notte densaの対訳

オテロ

すでに濃密な夜の中で
すべての喧騒が消え去る。
すでに私の震える心は
この抱擁で和らぎ、正気に戻る。
雷鳴を轟かせ、この世を沈ませる
大きな怒りの後に
この巨大な愛が訪れるのです

デズデーモナ

私の誇り高き戦士よ、どれだけの苦悩が
どれほどの悲しいため息とどれほどの希望が
私たちを甘い抱擁に導いてくれたのでしょう。
ああ、共にささやくのはなんて甘美なのでしょう。
覚えていますか
あなたが亡命生活を語った時
激しい出来事、あなたの長い悲しみ
私は魂を奪われて聞き入った。
その恐怖の中で、心で恍惚としながら

オテロ

私は聞かせた、腕の震えを、戦いを
そして、死の狭間での勇敢な突撃を
恐ろしい蔦のように爪で城壁を登り
うなる矢の中を

デズデーモナ

そして、あなたは私を明るい砂漠に導いた。
灼熱の砂浜へ、あなたの母なる大地へ
あなたはその時、苦しんでいることを語った。
つながれる鎖と奴隷の悲しみを

オテロ

涙で物語を甘くした。
あなたの美しい顔とため息の唇で
私の暗闇に栄光が舞い降りた。
天と星が祝福するために

デズデーモナ

そして、私はあなたの暗いこめかみの間に見たのです。
才能の美が輝くのを

オテロ

あなたは私の不幸のために私を愛した。
そして、私はあなたの憐れみのためにあなたを愛した。

デズデーモナ

あなたの不幸のためにあなたを愛した。
そして、あなたは私の憐れみのために私を愛した。

オテロ

死が来ますように!恍惚の中で私を捕まえろ。
この抱擁の
至高の瞬間に!
魂の喜びを恐れている。
これ以上私に与えられないことを恐れている。
この神聖な瞬間は
私の運命の未知の未来に。

デズデーモナ

天が苦悩を散らしますように。
そして、愛は年月が過ぎても変わらないように。

オテロ

あなたのこの祈りに
「アーメン」と天の声が返ってくるように。

デズデーモナ

「アーメン」と答えますように。

オテロ

喜びが溢れ出す
激しく、喘ぎながら横たわるほどに
キスを

デズデーモナ

オテロ。

オテロ

キスを、もう一度キスを
すでに燃えているすばる(プレアデス)は海に降りている。

デズデーモナ

夜が更けるわ。

オテロ

おいで、金星が輝いている。

あわせて読みたい

「オテロ」のあらすじ・相関図

目次