チレア「アルルの女」È la solita storia del pastoreの歌詞と対訳

アルルの女 第2幕

チレアのオペラ「アルルの女」のÈ la solita storia del pastoreの歌詞と対訳です。

目次

アルルの女・È la solita storia del pastoreの歌詞

È la solita storia del pastore
Il povero ragazzo voleva raccontarla
E s’addormì.
C’è nel sonno l’oblio.
Come l’invidio!
Anch’io vorrei dormir così,
nel sonno almen l’oblio trovar!
La pace sol cercando io vo’.
Vorrei poter tutto scordar!
Ma ogni sforzo è vano.
Davanti ho sempre di lei
il dolce sembiante.
La pace tolta è solo a me.
Perché degg’io tanto penar?
Lei! Sempre lei mi parla al cor!
Fatale vision, mi lascia!
Mi fai tanto male! Ahimè!

アルルの女・È la solita storia del pastoreの対訳

いつもの羊飼いの話だ。
可哀想な少年はそれを伝えたかった。
そして彼は眠りに落ちた。
眠りには忘却がある。
なんてうらやましい!
私もそんなふうに寝てみたい。
せめて眠りの中で忘却を見つけたい!
私は安らぎだけを求めている。
何もかも忘れたい!
でも、あらゆる努力は無駄だ。
いつも私の目の前にある。
彼女の可愛い姿が
安らぎはいつも私から奪われる。
なぜ私はこんなに苦しまなければならないのか?
彼女! 彼女はいつも私の心に語りかける!
命取りな幻影よ、放っておいてくれ!
あなたは私をとても傷つけた! ああ!

目次