オペラ「道化師」台本の簡単な対訳

目次

オペラ「道化師」プロローグの対訳

幕が上がる前に、トニオが現れる。

トニオ

皆様方、しばし、お許しくださいませ。

これから行われるのは、古い仮面劇。作者が言うには、「人生の一コマを描いてみよう」とやってみたってやつだ。俺としちゃ、仮面の下には、血や涙があるってことを知ってくれりゃあいいさ。

さあ、開演だ。

「ごめんください、皆様がた」Si può? Prologue from Pagliacci

歌詞と対訳

「ごめんください、皆様がた」Si può? Prologue from Pagliacci|道化師

トニオは作者レオンカヴァッロの代弁者として出てきます。

オペラ「道化師」第1幕の対訳

イタリア南部、モンタルト村のはずれ

村人たちが歓声を上げて、旅芝居の一座を出迎える。馬車に乗った芝居の座長、カニオが挨拶をする。

カニオ

今夜、大芝居をいたします。どうぞ、皆様ご来場を!

「今夜大芝居をいたします」Un grande spettacolo a ventitré ore

村人たち
もちろん行くさ。楽しみにしているよ!

カニオに馬車を降り、続いて妻のネッダが降りようとする。ネッダに片思い中のトニオが、彼女に手を差し伸べようとする。それを見てカニオは、トニオを平手打ち。

カニオ

妻に近づくな!

トニオ

覚えてろよ!くそったれ!

トニオは悪態をつきながら、芝居小屋に入っていく。

村人たち
カニオ、俺たちと一緒に飲みにいかないか。

カニオ

喜んで。

村人たち
おーい、トニオ。お前も飲みに行くか?

トニオ

いいや、仕事がありますから。

村人たち
トニオはここに残って、ネッダをこっそり口説く気かもな。

カニオ

冗談はよしてください。舞台では、どんな芝居だってできます。でも、現実に、妻のネッダと別の男がいるところを見たら、おどけることなんて、できないですよ。

「冗談はよしてくれ」Un tal gioco, credetemi

ネッダ

(独り言)まったく困るわね。

村人たち
そんなに深刻にならなくてもいいじゃないか。

カニオ

そう見えますか、すみません。妻を愛しているのでね。

村人たちとカニオは、飲みに行く。妻のネッダはひとり考え込んでいる。

ネッダ

カニオのあの目つき。なんて恐ろしい。もしもあの人が私の浮気現場を見たら、どんなに凶暴になるのか。

いや、やめよう。美しい8月の太陽よ!空には小鳥たちは飛び回っている。小鳥は自由なのに、なぜ私は自由になれないの。

「鳥の歌」Qual fiamma avea nel guardo

歌詞と対訳

「鳥の歌・大空をはれやかに」Qual fiamma avea nel guardo|道化師

ネッダの歌声を聞きつけた、トニオがやってくる。

トニオ

あんたの歌はうっとりするな。

ネッダ

アハハ、陳腐な口説き文句。さっさと飲み屋に行きな。

トニオ

わかっているさ。嘲笑と恐怖を引き起こす男だってことを。それでも、俺にも、夢や希望があるんだ。どうしてもあんたに言いたいことがある。

「人と違うとわかっている」So ben che difforme

ネッダ

アハハ、やめてちょうだい。今夜言えばいいじゃない。芝居の中で。

トニオ

笑わないでくれ。本気なんだ。俺のものになってくれ。

しびれを切らしたトニオが、無理矢理キスをしようと飛びかかるので、ネッダは鞭でトニオを撃退する。

トニオ

ネッダ!この仕返しは必ずしてやる!

ネッダ

近寄るな、お前の正体はわかった!心と体が醜い!

入れ違いに、ネッダの秘密の恋人である、若い村人(シルヴィオ)がこっそり現れる。

ネッダ

シルヴィオ、こんな時間に来るなんて!命を危険にさらすつもりなの?本当に危ないのよ!

「二重唱」Silvio! a quest’ora

ネッダの恋人(シルヴィオ)
カニオが飲み屋に行くのを見たよ。大丈夫さ。明日には旅一座は去るんだろう。このままじゃ一緒にいられない。君の愛情が気まぐれでないなら、今夜一緒に逃げよう。ふたりで。

ネッダ

私はあなたを愛している。これ以上は無理なの。でも、一緒に行ってしまった方がいいかしら。

ふたりが、今後をどうするか相談しているところを、トニオがこっそり見て、その場を離れる。

トニオ

(浮気の現場を押さえたぞ、あばずれめ!)

ふたりが駆け落ちの決断をしたところに、トニオが座長のカニオを連れてくる。ネッダは、自分の元から帰る若い村人(シルヴィオ)の後ろ姿に向かって言った。

ネッダ

今夜から、ずっとあなたのものよ。

カニオ

(隠れて見ていた)ああ!!!

カニオの叫び声が響く。若い村人は逃げ出し、ネッダはカニオを止めようと、もみ合いになる。カニオは走り回るが、若い村人を取り逃がし激怒。カニオの姿を見て、トニオは嘲笑する。

ネッダ

トニオ、何かやると思ったわ。

トニオ

今度はもっとうまくやって、カニオを酷い目にあわせるさ。

ネッダ

あんたは嫌なやつだ。

カニオが戻ってくる。

カニオ

ここの裏道をよく知っているんだな。だが、逃げても無駄だ。あいつの名前を言え!

ネッダ

何も言わないわよ。

一座の役者(ペッペ)が現れる。

一座の役者(ペッペ)
もうすぐ村人たちがやって来る時間ですよ。とりあえず芝居をしましょう。

カニオ

そんなことはどうでもいい!あいつの名前を言え!

トニオ

(小声で)落ち着いてください。芝居をすれば、浮気男が戻ってくるかもしれません。俺がネッダを見張っていますよ。

一座の役者(ペッペ)
座長!衣装を着てください。

カニオは芝居の衣装を身につけながら、苦悶する。

カニオ

衣装をつけろ、白粉を塗れ。涙をおどけに変えて、作り笑いさ。笑うんだ、道化師よ。

「衣装をつけろ」Vesti la giubba

歌詞と対訳

「衣装をつけろ」Vesti la giubba|道化師

女に捨てられて、破れかぶれの男の悲哀。

オペラ「道化師」第2幕の対訳

間奏曲

村人たちが、芝居見物にやって来る。

芝居の幕が上がる。こじんまりとした、家のセット。

ネッダ・コロンビーナ…妻
ペッペ・アレッキーノ…妻の愛人
トニオ・タッデーオ…妻に横恋慕、使用人
カニオ・パリアッチョ…夫

ネッダ

(役柄・コロンビーナ)
夫は、しばらく帰ってこないわ。

一座の役者ペッペ(役柄・アレッキーノ)
(歌声)愛しいコロンビーナ。僕がそばにいるよ。窓を開けておくれ。

ネッダ

(役柄・コロンビーナ)
アレッキーノに合図を送らないと。

タッデーオが、家にやってきて、ひとりでいるコロンビーナを口説こうとする。

トニオ

(役柄・タッデーオ)
なんて美人だ。彼女に告白したい。

ネッダ

(役柄・コロンビーナ)
あんた、鶏肉買ってきたの?

トニオ

(役柄・タッデーオ)
もちろんです。これをどうぞ。(ああ、告白しないと!)

窓から、妻の愛人アレッキーノが部屋に入る。

一座の役者ペッペ(役柄・アレッキーノ)
おまえ、外に行ってろ。

トニオ

(役柄・タッデーオ)
あんたたち愛し合っているのか。外で見張っていてあげますよ。

タッデーオは外に行き、コロンビーナとアレッキーノは、食事を始める。

ネッダ

(役柄・コロンビーナ)
愛しい人、素敵な夕食でしょ。

一座の役者ペッペ(役柄・アレッキーノ)
愛しい人、僕は飲み物を持ってきたよ。

タッデーオが戻ってきて、大騒ぎして隠れる。

トニオ

(役柄・タッデーオ)
パリアッチョが戻ってきたぞ。すべて知っているみたいだ。俺は隠れよう。

愛人のアレッキーノは窓から逃げ、その後ろ姿にコロンビーナは言う。

ネッダ

(役柄・コロンビーナ)
今夜からずっとあなたのものよ。

出番を待っていた、カニオは夕方にネッダが言っていた、同じ言葉を聞き、動揺する。

カニオ

(役柄・パリアッチョ)
男と一緒だったな!

ネッダ

(役柄・コロンビーナ)
何を怒っているの?酔っぱらっているのね。

カニオ

(役柄・パリアッチョ)
なんで二人分の夕食があるんだ?

ネッダ

(役柄・コロンビーナ)
タッデーオがいたのよ。あなたを怖がって隠れているわ。

トニオ

(役柄・タッデーオ)
彼女を信じてください。純粋な人ですから。

カニオ

俺はもう、演技なんかしないぞ。男の名前を言え!

ネッダ

誰のことかしら?パリアッチョ、あなたどうしたの?

カニオ

違う、もうパリアッチョではないぞ。

孤児のお前を拾い、飢えて死にそうだったお前を助け、名前をやったんだ。お前は、俺にふさわしくない女だ。汚らわしいあばずれめ。

「違う、パリアッチョではない」No! Pagliaccio non son

ネッダ

あなたにふさわしくないって言うなら、すぐに私を追い出してよ。

カニオ

お前の都合よく行くものか。恋人のもとへとな。そんなことはさせない。恋人の名前を言え!

芝居を見ているネッダの恋人は、ふたりの不穏な様子に気がつく。

ネッダの恋人(シルヴィオ)
恐ろしくて見ていられない。これは何かおかしい。

カニオの迫真の演技に、観客は喝采を浴びせるが、途中から不穏な雰囲気に気がつき動揺する。一座の役者は場を収めようとするが、トニオに引き留められる。

一座の役者(ペッペ)
止めに行かないと。

トニオ

黙れ。行くんじゃない。

カニオ

男の名前を言え!名前だ!

ネッダ

私の愛は強いんだ。死んだって、言うものか!!

テーブルのナイフをつかみ、カニオはネッダを何度も刺す。

ネッダ

助けて!シルヴィオ!

ネッダは自分の恋人の名前を叫び、亡くなる。客席から助けようと駆けつける、ネッダの恋人。

ネッダの恋人(シルヴィオ)
ネッダ!

カニオ

お前だったのか、よく来たな。

ネッダの恋人(シルヴィオ)も、カニオに殺された。

カニオ

これにて喜劇は、終わりました。

La commedia è finita!

カニオは、呆然としてナイフを落とす。

あわせて読みたい

「道化師」のあらすじ・人物相関図

目次